FC2ブログ

    アナログカートリッジにストーンヒーラー

    Ge3のまろさんから「アナログのカートリッジをストーンヒーラーのう上に置くと、すごく音がよくなります。」という連絡がありました。
    「え、本当に?」と思いましたが、さっそく実験してみました。

    B2006-2-18-1.jpg

    B2006-2-18-2.jpg


    「え、え」という感じででした。「要石を置くよりも、すごいかもしれない」とさえ思いました。低音、中音、高音ともよく伸びます。

    ストーンヒーラーをお持ちの方で、興味のある方は、やってみて下さい。「以外や、以外」と思う可能性は大です。
    まろさん、貴重な情報ありがとうございました。










    16cmスピーカー自作 その3

    今回作ったスピーカーは、ウーファーが16cmのユニットで、いわゆる「ロクハン」と呼ばれる口径です。
    6.5インチだからロクハンで、6.5インチ=約16cmになります。

    スピーカーは大きく分けると・・・10cm、13cm、16cm、20cm・・・と分かれており(18cmもあります)
    これはフレーム(外枠)まで含めた数値ですので、実効振動板径はそれよりも小さくなります。

    多くのユニットは、型番にインチかcmの外径の数値が入っていますが、これはフレームのサイズによって変わります。
    (振動板のサイズを基準にしているメーカーもあります 例・「EJ JORDAN」)
    アッシャーS-520などのようなフレームが円形をしていないユニットは13番となりますが、これが円形フレームになると15番になります。
    振動板は同じサイズで、どちらも13cmユニットに分類されます。
    (ただし、インチ表記のユニットは、表記と分類が一致しているものが多いです)

    このように、ユニットは公称サイズだけではなく振動板のサイズにも注意します。

    20060217112820.jpg

    16cmスピーカー自作 その2

    トゥイーターのMDT-32Sですが、MDT-30Sとの違いはフランジ(前面プレート)の大きさだけですので、今回は32Sを使いましたが30Sの方が安いのでお買い得です。
    このMorelのトゥイーターは、とても綺麗な音でお薦めです。
    クラシック音楽に合うと思います。

    吸音材には、今回も戸澤式ペーパーレゾネーターを入れました。
    よく揉んで柔らかくします。
    片チャンネル分で8個入れました。

    20060216123822.jpg


    ---------------------------続く--------------------------------

    オーディオアクセリーの下克上

    2月12日に行われたOJIスペシャルのイベントお集まりいただき大変ありがとうございました。
    B2006-2-15-3.jpg


    オーディオアクセリーの世界は、数百円する製品が数万円の製品に
    負けてしまう事があります。私はそれを「オーディオアクセサリーの下克上」と呼んでいます。

    2月12日に行われた、OJIスペシャルのイベントはまさにそんな感じでした。注)ただし、ここで言っている「勝った、負けた」は、その時のイベントに集まってくれたお客さんの中での多数決による勝敗なので、必ずしも正解というではありません。

    なんと「100円の電源ケーブルが、数万円の電源ケーブルに勝ってしまったのです。」それは、コバルトプレートプラチナゴールドニッカス使用したケーブルでした。

    写真をご覧下さい。
    B2006-2-15-1.jpg

    100円の電源ケーブルにコバルトプレートプラチナゴールドニッカスでハンダ付けしたものです。
    B2006-2-15-2.jpg

    見た目は本当に貧相です。

    もっと質の良いケーブルを使用すればもっと良い音になる可能性も有りますが、最初は安価なケーブルで試すのが無難だと思います。

    それにしても、販売店としては「かなりやばい情報」です。(・。・;


    下の写真は、西出さんが中学生の時に製作したプリアンプとMCヘッドアンプです。「すごいですね。」ねと言ったら彼は「いや、貧乏だったから」と笑ってそう言っていました。「でもやっぱりすごいな。」と思いました。

    B2006-2-15-4.jpg

    秋吉敏子&ルー・タバキンスーパーカルテット

    エンゼルポケットがオープンする前からよく通販で購入したいただいていたお客さんで金野貴明さんという人がいます。オープンした後もたびたびエンゼルポケットをたびたび訪れ「音質改善アクセサリー」を購入ていただいていました。
    彼はプロのミュージシャンで、良い録音をするためにオーディオアクセサリーを求めていました。その後彼はレコーディングスタジオを立ち上げ、CDの録音及び販売をすることとなりました。
    それが「T-TOC RECORDS」という会社です。
    月日は流れこの間久しぶりにお店に来たのですが「秋吉敏子&ルー・タバキンスーパーカルテットのLiveを行い、それをLive録音しCDにすて販売する。」という話でした。それでは「エンゼルポケットも何か協力します。」という話になりました。

    そこで、(有)ローカルメールオーダーでもチケットを販売することとなりました。ただし、VIP席のみです。TEL03-5294-3501 広瀬まで

    VIP席購入は 電話03-5464-2342 メール ティートックレコーズ、三田まで

    内容

    ジャズ人生60 渡米50年記念コンサート~ ”もっとピアノがうまくなりたい”
    2006年 3月5日(日) 朝日浜離宮ホール 電話03-5541-8710 開場17時 開演18時
    3月6日(月) 朝日有楽町ホール 電話03-3284-0131開場17時30分 開演18時30分

    さらに詳しくは → ここクリック

    B2006-2-14.jpg


    CDも販売させていただく事となりましたので、私も当日のLIVEに行く予定です。








    オーディオアクセサリー進化論

    「オーディオアクセサリーも常に進化している。」そう思えた製品が
    今回セイシンから販売された「Fu-Jin」です。
    宣伝文句が「世界最高水準の電磁波吸収シート」となっているのです。
    しかも「実測データ」もあります。
    B2006-2-12.jpg

    B2006-2-12-1.jpg

    B2006-12-3.jpg

    そして音に対する効果も非常に高いと思いました。
    「電磁波遮蔽、電磁波吸収」関係の製品はいろいろありますが、
    振動抑制関係の製品に比べると「音の変わり方は少ない」と私は思っていました。最近ではセイシンが開発した「SPI-015S」が振動、電磁波問題を両方カバーできる製品として、多くの方から良い評価をいただいています。エンゼルポケットではCDプレヤーとハーモネーターの間に置いて使用しています。







    16cmスピーカー自作 その1

    私(広瀬)がもっとも好きなスピーカーは、2ウェイ16~20cmくらいの
    ブックシェルフ型スピーカーです。フルレンジ1発も好きなのですが、やはり帯域のバランスも大事だと思います。最初は「トールボーイ」という話があったのですが、「いや、俺はブックシェルフの方が好き」と私の希望通りに作ってもらう事となりました。ただ最後のネットワークの調整が大変で、2週間ぐらいスピーカーと格闘しています。自作とは、まさに格闘だとお思っています。でも、だからメーカーには出せないよさもあるのでしょう。(私は音聴いているだけですが。)昨日お伝えした、ハーモネーターとの組合せで、すごくいい感じになりました。(ちょっと感動です。)

    ----------------------------本題------------------------------
    一ノ関 元一

    エンゼルポケットからアッシャーCP-8871が引き上げてしまったので、常設されているスピーカーはS-520だけになりました。
    S-520も頑張っているのですが、もっとスケール感が欲しくなる時があります。そこで、16cm口径のウーファーを使ってスピーカーを自作しました。ウーファーはALCONEのAC6.5HE、トゥイーターはmorelのMDT32Sで密閉型の2ウェイです。

    続く

    ハーモネーターの実力

    フィデリックスが販売しているハーモネーターの新バージョンががエンゼルポケットに来ました。恐らく「これを聴いて音の違いが分からない人は 100人に1人ぐらいしかいないのではないか。」そう思いました。

    本当に圧倒的です
    B2006-2-10-1.jpg


    今回のAHS(アコーステック、ハーモネーター、システム)は本体の
    AH-120KとスーパーツゥイーターFT-120K、2台がセットになっています。
    以前のハーモネーターSH-20KはCDプレーヤー(アナログ出力)とアンプの間で接続していたのですが、今回のハーモネーター(AHS)はスピーカー端子に接続して信号をとりだし本体のAH-120Kが信号を補正して
    付属のスーパーツゥイーターFK-120に戻す方式です。
    実験しましたが、アナログプレーヤーだろうが、SACDだろうが、音がよくなります。(ちょっと不思議ですが) 


    20k以上の信号ですから、耳を近づけてもほとんど聴こえないのですが「スピーカーから流れる音楽は本当に音は良くなります。」
    (ピアノ、サックス、ドラム、ベース、)どれも完璧に近いです。「JAZZの名曲マイ・ファニー・バレンタイを聴いて思わず、涙が出そうになりました。(今まで聴くことのできない音が聴けました。(^_^)/~)高音だけと思いがちでしょうが、低音も圧倒的に違います。」

    昨日からエンゼルポケットでも常時接続しているのですが、“これは手放せません”(たぶん永久に・・・・)

    私はソフトドームのツィーターが好きなのですが、本当に高級なスピーカーについているハードドームと比べると「音の伸び」という点で負けてしまうと思っています。
    このハーモネーターを使用することによって、S-520Ⅲが10倍の値段のスピーカーに変身するといっても過言ではないかもしれません。
    B2006-2-10-2.jpg


    一ノ関さんが16cmスピーカーを自作したのですが、このスピーカーにハーモネーターを接続しただけで「超ハイエンドスピーカを超えてしまうかも。」と正直思いました。これは「絶対にお買い得だと思います。」

    B2006-2-10-3.jpg


    エンゼルポケットにて試聴してみてください。

    アクセサリー以外でこんなに感動したのはDPAT-01以来でした。



    ジェネシスB-1

    新製品ジェネシスサウンドB-1の販売を開始します。
    このブログで、何度かお伝えしていますが、仮想「日本お笑いオーディオ協会」
    にエントリーしそうな製品ですが、真面目に販売する予定です。

    最初この製品を紹介したいただいたとき、「畳なんですが。」と言われたので、さすがに焦りました。 (・。・;
    私も長いことオーディオアクセサリーを販売してきましたが、さすがに
    畳は初めてです。
    b-1-1.jpg

    b-1.jpg


    「何で畳みなのか」とメーカーに確認したところ、「カーペットよりは効果があから」と言う答えでした。「確かに音がよくなる」に越したことはないですが・・・・・・・・・・・・・・・(ウーム)

    でも、音を聴いて本当にビックリです。効果に関しては、
    ジェネシスCK-1よりも強烈です。ルームチューニング材はいろいろありますが、これほどのものは滅多にないと思われます。(私も引越ししたら1枚購入する決心をしました。)

    「特殊遠赤外線も大量に放出」との記載もあったので、健康にも良いかもしれません。店番をしている時に、1人で映画を見ていたのですが、結構リラックスできました

    その他特殊な用途でのご使用は、「お好み」でお願いします。
    座禅をして修行などもできそうです。(しかし、間違っても空中浮遊とかはできません。爆)




    コバルトプレートその実力

    イベントのお知らせ。

    2月のojispecialイベント
    2006年2月12日 5時半~
    エンゼルポケット秋葉原にて開催

    ------------------------------本題------------------------------
    コバルトプレートが入荷しました。
    さっそくS-520に使用しましたが、「ハハハハハ」といった感じです。
    ジャンパー線で音が変わることは、知っていたけれども、「これほどとは」と思い知らされました。音の情報量が格段に向上します。
    西出さんの言う通り「スカッとした音」がします。
    晴れ上がった空に、どこまでも音が伸びる」そのような表現でしょうか。今回の新製品は「強物ぞろい」です。
    B2006-2-7-1.jpg

    B2006-2-7-2.jpg


    昨日もお伝えしましたが、コバルトプレート CP-1 とプラチナゴールドニッカスを組合わせてみてください。
    実は渚(コバルトスピーカーケーブル)に後付でプラチナゴールドニッカス盛ってみたのですが、メチャクチャに解像度があがりました。
    B2006-2-7-3.jpg


    「接点を良くする。」これはオーディオの基本ですが、「それ以外の理由も複合的にある。」とあらためて思い直しました。
    12日のイベントでは、いろいろ聴くことが出来ると思いますので、楽しみにしていて下さい。

    「コバルト+プラチナゴールドニッカス」は、まるで核融合後に新しい物質が誕生したようなことなのかもしれません。


    ちと大げさかもしれません。笑)




    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク