FC2ブログ

    鹿だけに仕方ない。

    たぶん上のタイトルを見ただけで、「おお、あの時の」と思う人もいると思います。それはさておき、3月のGe3のイベントは、「デジタルノイズ吸収パット」を中心に実験しました。中身がどんなものなのかは具体的に示されていませんが、見た目このような感じです。
    B2007-4-1-1.jpg


    こう見えて、さわってみると堅いのです。「吸収よりも遮蔽じゃないかな」とか1人で勝手に思ってしまいました。その後は様々なところに置いて実験をしました。

    B2007-4-1-2.jpg

    B2007-4-1-4.jpg

    皆それぞれ効果を実感したのですが、特に表示パネルの部分が効果があったように感じました。付いている線はCDプレーヤの筐体に接続しています。
    B2007-4-1-5.jpg

    その後、直に要石に接続して実験しました。要石に直接繋ぐと効果は倍増すると言うことはよくわかりました。

    B2007-4-1-7.jpg

    携帯型オーディオプレーヤにも効果があるのか実験しました。2人実験したのですが、2人とも効果があると実感したようです。


    その後第2部とも言えるような、いつもの場外乱闘が始まりました。
    マジシャンAさんが登場。さっそくテレサテンを開始しました。

    B2007-4-1-9.jpg


    しかし、今回最強のインパクトは、やはり鹿でした。
    この話は、ずっと昔のイベント試みたことのある「ゾウ、カメ」にも通じる話なのです。簡単にお話しすると、以前販売していた「とどめ」と言う製品は、須弥山(しゅみせん)説からオオサンショウオの形をしているのです。しかし、本当はカメでもゾウでも良く、なおかつ紙に書いてオーディオ機器に貼っておくだけでも効果があるという話なのです。それは今から1年半前ぐらい前に、ここで実際に実験しています。ゾウとかカメとか書いた紙を、DPAT(CDプレーヤー)の下に入れると音が良くなるという究極的な実験です。
    その実験を行なっていたときに「お、カメもいいな」といったお客さんもいました。そのことが未だに脳裏に焼き付いています。Ge3は理解するのが難しいです。

    B2007-4-1-8.jpg


    しかし、今回はキサさんが「探索した結果、鹿でもエエねん」と言いだしました。「とどめ」を取り出し、スピーカースタンドの周りに置きました。これは何度となく今まで行なった実験結果なので、皆驚きはしないのですが、(普通の人は驚くと思いますが)音は変わるのです。どちらかと言えば音がゆっくり聞こえてきます。

    その後、エンゼルポケットにおいてあったインシュレーターに「おまえは鹿になれ」みたいな、魔法のようなおまじないをかけて、実際にスピーカスタンドの周りに、そのインシュレーターを置いた状態で音を出しました。すると会場から「音早くなったな」とか「いや、すげえ、変わる」などの声が出始めたのです。

    私も、唖然、ボー然。 「何なんだ、これは」と。会場のボルテージも一気に上昇しました。そのうち「チーターでは駄目なのか」とか「隼の方が早いぞ」とか、勝手な意見が出たのですが、やっぱり鹿がよいようです。

    これも全て、鹿だけに仕方ないことなのでしょう。爆)

    シャンティチャイム

    シャンティチャイム

    この楽器を始めて知ったのは、2006年11月25日(水)に池上實相寺で行なわれた、クリスタルボールのコンサートでした。
    聴いた瞬間「いや、この音はいい音だなぁ、すごいなぁ」と感動してしまいました。本当に美しい音色で、心の中に染みいってきました。 
    2006年11月30日にも書いていますが、クリスタルボールのコンサートの時に使用されています。
    最後に牧野さんがシャンティ・チャイムという風鈴のようなものを鳴らします。「終わったから、起きなさい」という合図だそうです。 その時に風景として、不思議と皆さんこのチャイムが鳴った瞬間「パッ」と目が覚めるようです。
    B2007-3-27-1.jpg


     これは、私自身の体験ですが、最初に、この楽器の音を聴いて、その後オーオーディオ装置から出る音楽を聴いた場合は、通常の3倍くらい音の違いを聴き分けられるようになりました。恐らく、この楽器の音を聴くと、究極的に感性が研ぎ澄まされ、自分のクオリティが上昇したからだと思います。(ただし、かなりの集中力が必要です。
    B2007-3-27-2.jpg

    ネット上からも音は聴けますのでぜひ下の所をクリックしてみて下さい。

    ムーン・リフレクション Moon Reflection
    神秘的な・青い月・降り注ぐ月光
    ソ#・レ#・ファ#・ラ・ド・レ#・ファ#・ラ#

    クリスタル・モーニング Crystal Morning
    春・覚醒・すがすがしい朝・クリアで生き生きと
    ソ・シ・レ・ソ・ラ・シ・レ・ラ

    サンダンス Sundance
    セレブレーション・心地よい夏のそよ風・追憶
    ミ・ラ・ド#・ソ#・シ・ド#・ミ・ソ#

    ゴールデン・ハーベスト Golden Harvest
    色鮮やかな豊穣の秋・アバンダンス
    ド・ミ・ソ・シ・ド・ミ・ソ・シ

    エコー・オブ・サイレンス Echo of Silence
    静寂の待ち時間・受容性
    ラ#・ド・ド#・ファ・ファ#・ラ#・ド・ファ


    音楽は聴く人により聴き所が違う。」とは良く言われています。
    どうしてそうなのでしょうか。私が思うに、それは人一人のリズム、と強調する部分が違うからです。例えばカラオケで別々の人が同じ曲を歌った場合、「リズムや強調する部分」は全く違います。ポイントが全部同じ人など聴いたことがありません。
    それをひっくり返して考えた場合、「聴き所が違う」と言う部分に当てはまってきます。またオーディオアクセサリーでの音の違いで、「これはハマッタ」と思う瞬間は、音のリズム、音の強弱などが自分の感性(感覚)にピッタリ調和した瞬間だと思うのです。

    チャンティチャイムは、そういう人間1人1人が持つリズムや強調部分を少し修正して、フラットな状態にしてくれるものではないかと思っています。
    オーディオ装置で音楽を聴く前に、耳(耳というよりは脳)のトレーニングとして、この楽器に音を聴いてみたらいかがでしょうか。できれば、1個よりも2個3個いっぺんに鳴らすことをお勧めします。

    オーディオ装置にエージングが必要なように、人間にもエージングは必要だと思っています。

    MNNT モニター感想 その3

    今日も3夜連続でMNNTのモニター報告を発表させていただきます。
    非常に評価高いですね。
    予想通りというか、予想外でした。笑)

    モニター報告していただいた方々大変ありがとうございました。

    Ikechan7さんは「みんなの掲示板」に書いたようです。
             ↑
            クリックB2007-3-26-1.jpg



    埼玉県 K様
    MNNT モニター感想です。

    本当に、そんなに効果があるのかなと、思いながら3回スプレーしてみました。女性ボーカルでしたが。本当に、生々しい音が、眼前に現れました。これはと思い、ほかのソフトにも、次々スプレーして聴き始めました。ジャズ・クラッシック・民族音楽などです。いいですね、情報量が増え楽器そのものが、リアルに聴こえ滑らかに心地良い音楽に変身したように感じます
    ね。
     試しに、スプレーしていないソフトを、聴いてみると。やたら、やかましく・歪んだ音に聴こえてきてしまいました。やっぱり、可也効果があるのが、実感できました。ディスクの静電気帯電は思っている以上に音質に、影響がある物なのですね。

    このスプレー、内容量がもう少し多いと、かなりのアイテムになりますね。ふところに易しくなりますからね。
    マロゥ テクノロジーズ 様。
     これからも、かっきてきな商品発売期待しております。
    ありがとうございました。


    東京都 k様
    **MNNTモニターレポ**
    クラシックとジャズの両方で、MNNTなしのCDを1回聞き、MNNTを使用して聞きました。

    ちなみに再生機はパソコンです。
    最初の印象は、「よくわからない」でした。
    そこで聞き比べの良いアイデアを考案。
    既にCDからPCへ、ロスレス圧縮で保存してある曲があります。
    同じ曲のCDにMNNTを使用して、同様にロスレス圧縮してPCに保存。
    圧縮方法もバイト数もまったく同じです。
    これを、なーんにも知らない妻に聞かせてみました。
    「同じ曲を10秒づつ、2回流すから、どっちがいいか言ってみて」
    すると、驚いたことに90パーセントの確立で、MNNT使用後の曲のほうが「いい。」とのこと。
    「なにが違うの?」と聞けば、「うーん。こもってるか、こもってないかの違いかな。」でした。
    モーツァルト、ベートーベン、アートブレイキー、クリフォード・ブラウンから10曲を選び、「違いがわからない」といったのはJAZZの1曲だけでした。
    私も9割ほど明確に、MNNT使用後のほうが、音楽本来の自然な明るさ、微細な表現が向上していることが実感できました。

    圧縮方法も同じ、バイト数も同じなのに、音質が違う・・・

    これは実に恐ろしい話です。
    正直、CDに吹きかけたら音が良くなるとか、CDを上に置くだけで音が良くなる・・系の話にはかなり疑問というか「手を出したくない領域」というのが本音でしたが、人生観変わりましたね。

    MNNTの効果が8時間ということから考えれば、私のようにPCにデータ保存するユーザー的に「恐ろしいコストパフォーマンス」ということになります。
    ロスレスや可逆圧縮しておけば、CDを超えた状態(MNNT化?)が永続するわけですから・・・・

    MINNT モニター報告 その2

    イベントのお知らせ

    ★4/14(土) 17:30~ OJI Specialイベント
    内容:★フィルタDFIL-03i、コバルトイオンスーパーインジェクターDINJ-77i、マイプラス8など売り切れでお待たせしている人もいたかもしれませんが、なぜ効くのか! マイナスイオンの効果的な使い方!など 井上先生もお越しいただけますので ワイワイ行いたいと思います。


    詳しくは→こちらクリック

    MINNT モニター報告 その2

    B2007-3-26-1.jpg



    東京都 T様

    MINTのモニターをさせていただき、ありがとうございます。
    私はいままでジェネシス・TRYを使っていたので、CDをキレイにすると言う意味で似たような効果かなと思っていました。が、実際使用してみると効き方が全然違いおどろきました。テスト方法は同じCDの片方はジェネシス・TRY、もう片方をMINTで処理して視聴しました。

    処理の方法としてはCDに2度3度スプレーし極細繊維クロスで内側から外側へ放射状にふき取りました。

    今まで使っていたジェネシス・TRYの場合はいていかにも「音楽的で気持ちいい」といった印象でした。
    具体的には
    ・音が部屋の隅々まで吹き上がる様に響く
    ・音に潤いが出る

    MINTの場合はTRYとは全く違う「いかにもHiFI」といった印象です。
    ・低音が骨が太くなり、高域は艶やかになる
    ・音の奥行きが出る
    ・女性ボーカルが艶かしい。(口の動きが想像してしまいそうです)

    ディスクがキレイになることでの効果
    ・音の解像度が上がる
     (音の見通しが良くなり、いままで気が付かなかった楽器の存在に気が付く)
    ・音の余韻が美しくなる
    という点はどちらにも共通した特徴と言えるでしょう。

    これはかなり良いです。聴くCDによって使い分けたいと思います。


    MINNT モニター報告 その1

    元祖エンゼルポケットニュース更新しました。http://www.localmailorder.com/angel/angel-top/angel.html
    内容:「音質改善・新波動マスター」HM-25222型について・・・

    イベントのお知らせ。

    明日明後日2夜連続でイベントを行ないます。

    ★4/13(金) 18:00~ Marrow Technologies(マロゥ テクノロジー)イベント
    内容:★新商品(光ディスクコンディショナー MINNT)発表

    ★4/14(土) 17:30~ OJI Specialイベント
    内容:★フィルタDFIL-03i、コバルトイオンスーパーインジェクターDINJ-77i、マイプラス8など売り切れでお待たせしている人もいたかもしれませんが、なぜ効くのか! マイナスイオンの効果的な使い方!など 井上先生もお越しいただけますので ワイワイ行いたいと思います。

    詳しくはこちらクリック


    MINNT モニター報告が来ましたので、さっそく発表させていただきます。

    B2007-3-24-1.jpg


    新潟県 H様

    1 POPS系として、ホール&オーツの「サラ・スマイル」
     雰囲気が明るくなった。全体に音がクリアーになった感じ。
     
    2 JAZZのCD テナーサックスのエリック・アケキサンダーのCD「GENTL E BALLADSⅡ」より「モナ・リサ」テナーの音の生っぽさが増した。
     
    3 生ギターはどうかな、と思い、エリック・クラプトンのライブCD
    「UNPLUGGED」より「TEARS IN HEAVEN」3枚目で、やっと驚きの変化!音場が段違いに広がる。「おー」と声を上げたほどの違い。アコースティックギターが生々しい。最後まで聴いてしまった。
     
    4 1950年代の女性ジャズボーカル BEVERLY KENNYのCD「BORN TO BE BLUE」より「AGAIN」オーケストラの音に厚みが出た。特に低音。声も本物っぽい。
     
    聴いた機器は、JBL38cmウーハー、セパレートアンプ。10年ほどオーディオに凝っているが、一番いい音が出ている(そんなに高価な機器ではない)。

    まとめ
    音場が広がる。音がはっきりする。生音に近づく。
    電気楽器より、アコースティック楽器の方が効果が大きいのではないか。スプレーは3回してみたが、2回でも盤面全体に行き渡り、大丈夫ではないかと感じた。
    ランニングコストが低くなれば、1日1枚だけ、というふうに購入する譜とも多いと思う。1年に2本くらいなら買おうかなと思った。(何枚に使えるのだろう。計算してみて下さい)


    ありがとうございました。

    3月、井上良治のイベント

    3月に行なわれた井上先生のイベントについて報告します。
    この日は、アッシャーS-520用のサブウーハーを試聴しました。

     私はどちらかと言えば、物事を相対的に考えます。「○×が一番、これが最高、これでないとダメ」という考え方はしないタイプです。ただ物事を説明するときは、「なるべく言い切ってしまう方が相手に対して説得力が高いものなのだ」と思っています。
    そうとは、言い切れない。○×の可能性はある。これは必ずしも全てではない。」そんなことを常に発言していると、どうも煮え切らない奴だと思われてしまう可能性は高いです。

    オーディオでもそんなことは良くあります。ただし言い切ってしまうと、ある種のイデオロギーが発生してしまうことが良くあるのです。
    例えば「小型スピーカー最高」というマニアの方は非常に多いのです。しかし、「ピュアオーディオの醍醐味は、20hz~20khまでなるべくフラットに出して、原音に近い音で聴くことに意義がある。」と言う人もいます。どちらの意見が正しいのか、それは好みの問題なのだと思うのですが、ただエンゼルポケットみたいに不特定多数の人が大勢集まる場所では、全てに対応したいのです。又以前「聴く音楽によってスピーカーを使い分ける」と言うことを書いた事もあります。

    そんな悩みを全て解決してくれるもの、」それが、今回井上先生が作ってくれたサブウーハーなのです。

    B2007-3-25-1.jpg


    上記の写真を見て下さい。井上先生が測定したデータです。上がアッシャーS-520だけを測定したデータです。下がサブウーハーを足したときのデータです。30hz~150Hz、聴感上低音として大事な部分が全く違いますよね。

    B2007-3-25-2.jpg

    アッシャーS-520をこのサブウーハーに載せて聴くと、それまで聴いていた音楽とは全く別の音楽になってしまいます。しかし、もう一つ問題があるのです。音楽によっては、サブウーハーを繋げない方が良いものもあるのです。それは、「凄く低音が出ているように錯覚させる音楽」で、100Hzや150hzあたりの周波数をわざと持ち上げているものです。意外とそういう音楽はこの世に多いのです。JPOP、洋楽、フィージョン、jazzなどにもあります。その場合はむしろサブウーハーを取り付けない方がよいと思います。何故かといえば、低音が出すぎるからです。

    アッシャーS-520とサブウーハーはバナナプラグとスピーカー端子で接続されているだけですから、接続は凄く簡単です。数秒で付けたり外したりが可能です。何と便利なんでしょう。

    その後、様々なスピーカーで試聴しました。

    B2007-3-25-3.jpg


    基本的にエルコンドルパサーはアッシャーよりも低音はでません。
    だから、逆に言えば、S-520よりももっと激変です。

    B2007-3-25-4.jpg


    一番の驚きだったのがこの乙です。たぶんカーテンをして音を出せば
    何が鳴っているのかわからなくなるほどだと思いました。

    B2007-3-25-5.jpg


    これは以前こまちゃさが煙突スピーカーのユニットだけを外して、自作したスピーカーです。凄く音が早くて気持ちの良い音がするのですが、
    低音は全く出ません。しかし、このウーハーの上に乗せるとかなり改善されました。

    このサブウーハーに関して「中身に関しては、あまり多くは語れない。ただこの口径のスピーカーユニットでこれほど低音が出る構造に仕上げることは、市販品ではかなり難しいのではないか。?」と言っていました。
    井上先生、スピーカー作り30年の集大成が詰まっているようです。


    やっと完了。

    今日はローカルメールオーダーのHPが乱れていたと思いますが、先ほど完全復旧いたしました。ご迷惑お掛けして申し訳ございませんでした。

    4月の中旬にサーバーを移す予定だったのですが、突然、「本日新サーバーへの切り替え作業が完了いたしましたのでご報告いたします。」などという意味不明のメールが届き、その後30分と経たずにホームページが見れなくなってしまいました。「聞いてないよ。何じゃそりゃ。」と思ったのですが、そんなこと言ってる場合ではなく、とにかくFTPで新サーバーにデータを送らなければいけませんでした。 (T_T)

    ところで 「MNNT」モニター応募していただき大変ありがとうございました。応募された方、本日発送いたしました。早くも評判になっています。
    B2007-3-24-1.jpg


    そして、本日マロさんより「すでに1人モニターしてもらっているので載せてください。」という依頼がありましたので掲載させていただく事になりました。

    東京都在住の A様です。たぶん皆さんもよくご存じの方だと思います。(ヒント、マジシャン

    実験に使用したCDはWNCJ-2173「さんぽ道」で1曲目のMy Foolish Heartを聴き比べた。
    スプレー前に比べると高域は明るく華やかなになり、低域のベースは深く伸び、音場が広く深くなる。特定の高域や低域が押し出されて伸びる訳ではなく全体に情報量が増えて滑らかに表現される。

    激変だ。

    良い事尽くめのこの劇的特効薬について調べてみた。
    成分は明かせないとの事だが揮発用のアルコールを除けば全て天然の物を使っており、スプレーは洗って流せば元に戻せる。有効時間は大体8時間でありそれ以後は徐々に減衰していくそうだ。

    某ハイエンドオーディオで有名な店長のK氏にも試してもらったところ
    次の様に答えている。「滑らかな質感になって情報量が増加しました。よい勉強になりました。ありがとうございました。まずはお礼まで。」
    なるほどこれは色々と試してみたくなるスプレーである。
    癖になりそうだ。



    今月はイベント目白押しです

    この掲示板→ここクリック ←もご覧下さいスケジュール出ています。


    最強の波動マスター

    太田一穂さんから、「最強の波動マスターが完成した。」という話を聴いたのは1月前のことでした。「免疫波動コード25222」とは聞き慣れない言葉ですが、波動業界ではすごく当たり前に使われている言葉だそうです。
    B2007-3-23-1.jpg


    波動というものは、いろいろな人がいろいろなことを言っていて、未だ統一的な見解がないものだと思うのですが、私は「波動」については否定しません。この世に存在しているものだと強く確信しています。
    例えば、限りなく真水に近い超純水に、強いエネルギーを転写すると、そのエネルギーは一定時間磁気媒体のように記憶されるといいます。その現象は現代科学の最先端分野ではもはや常識になっています。そのエネルギーは「波動そのもの」だと考えています。

    ただし、ここで重要なことは、そのエネルギーは、ずーとそこには存在しません。「入るが、抜ける」これが最大の長所でもあり、欠点であると思っています。その抜ける状況をなるべく遅らせる技術が今盛んに研究されています。

    エネピッコSで波動を転写しても、たぶん1日くらいで、転写したエネルギーは抜けてしまうとおもいますが、それでも何度使用してもお金はかかりませんので、便利な製品だと思います。
    エネピッコを持っている方はぜひお試しを。

    「波動マスターHM25222」実験してみましたが、とにかく凄いです。音楽そのものが全く変わってしまいます。これは私の推測論ですが、CDの中に入った、波動エネルギーはCDP、DAC、AMP、など全く関係なく、そのままダイレクトに人間の脳に届いているのではないかと思っています。
    何故かというと、LP(アナログ)でも効果があるからです。
    テラクリーンの時も同じような事を言っていましたね。笑)

    最初にもらったサンプルです。B2007-3-23-2.jpg



    波動マスター HM-25222型 の使用方法

    ① 波動転写器「エネピッコ」入力側に音質改善「波動マスターHM-25222型」を乗せる。

    ② 音改善したいソフトやハード(CD・SACD・DVD・LP&SPレコード・真空管・信号&スピーカーケーブル・光ケーブル・MC&MMカートリッジ・ピックアップ・オーディオパーツC,R,IC等)を出力側に当てる。 直近が最も転写効率が高いが、入力側・出力側共に120度の開き角度で距離30cm位まで転写効果がある。 
      ケース入りCDの場合でも、やや転写効率は低いが有効である。

    ③ 電源スイッチを押して1~5分間通電する。小さなCDなら転写1分で充分。大きなものでも3分から5分で良い。 表示ランプが点滅して音質改善波動情報がCDに転写される。 これで終了! 


    ●タッタ1分でCDがマスターテープ並みの高音質に活性化され、重低音から超高音まで広帯域に渡り、音のコモリが解消、歪み感やザラツキが消え、メリハリの利いた艶やかな透明音質が得られ、音楽性表現力が飛躍的に向上する。  また音声信号が流れた回路(アンプ~スピーカー迄)は全て波動共鳴して音が良くなる。

    波動マスター HM-25222型 の波動転写応用例
    DC~100kHz間広帯域に渡り活性化されるので、電池(直流)からSACD・DVDオーディオ(24bit192kHz)領域まで、アナログ・デジタル・光等あらゆる伝送系システムの音質改善に効果を発揮する。音質改善傾向は、音量感や奥行き広がり感が向上するばかりでなく、濁りやザラツキが取れ、全帯域滑らかな美しい豊かな音質に改善される。特に女声や男声に着目して聴いてみると、子音の濁り「ザジズゼゾ」が「サシスセソ」に変わるのですぐわかる。  

    究極の秘奥義伝授。

    エンゼルポケットニュース

    1.マークレビンソン監修「DIRECT METAL MASTER CUT VINYL SERIES 180g」が予定よりも早く入荷いたしました。
    現在エンゼルポケットに在庫があるものは下記になります。
    (まだHPに掲載していない商品もございます。近日中にアップする予定です。)

    1.No2 MAESTOSO CLASSIC 
    2.No1 RED SlEEVES 
    3.NAT・KING・COLE(ナットキングコール)
    4.30 YearsTubes
    5.テレサテン(Teresa teng)
    6.The Soul of Violin

    B2007-3-22-1.jpg



    究極の秘奥義伝授。
    3月17日に「私に師匠が」という題材でブログを書きました。予定通り3月22日に特訓していただいたのですが、凄かったです。「本当に究極奥義出しっぱなし!!」状態でした。
    何をしたのかと言いますと、

    キャーキャーキャー
    ニャーニャーニャー
    ガァーガァーガァー
    という具合に発声練習をしました。
    B2007-3-22-2.jpg

    B2007-3-22-3.jpg


    さすがに、
    アタ、アタ、アタ、アタァ
    ア、タタタタタタタ
    とかは言いませんでしたが。笑)

    トランペットには発声練習が重要」と言うことがよくわかりました。もう少し上達すれば、「おまえはもう、吹けている。」というお告げが、北より届くそうです。爆)まさに彼は私にとっての「救世主」でした。


    帰ってきたウルトラ《マロゥ》 モニター募集

    あの人がエンポケに帰ってきました。
    B2006-6-26-1.jpg

    ラーメン屋のオヤジではありません。
    意味がわからない人は→ここクリック

    聞けば「去年暮れにGe3を退職して、独立開業した。」という話です。
    会社の名前は、「マロゥ テクノロジーズ株式会社」といいます。会社名を聞いて、またまた大爆笑してしまいました。ほんと、面白すぎです。

    先月(3月)の初旬「新製品ができたので、取り扱いますか」とサンプルを頂きました。「ぜひやりましょう。」という話になったのですが、サンプルを使用してみて、1点改良してもらいたい部分がありました。そこでマロさんには、そのことを率直に話をすると「OK対処します。」といっていました。その後、多少は試行錯誤したようです。そして、ついに完成したらしく、4月5日(木)に製品をもってマロさんがエンポケにやってきました。

    さっそく実験、

    B2007-3-21-1.jpg

    こんな感じにCDに吹きかけます。

    B2007-3-21-2.jpg


    その後水を、テッシュや布で拭き取り、CDプレーヤーにいれて視聴するのみです。 (エンゼルポケットではDPAT01にいれて視聴テストしました。)
    B2007-3-21-3.jpg


    その音の変化に唖然とさせられました。これは凄い変化です。値段を聞かされさらにビックリ。「こ、これは、信じられないくらいクオリティーが高いものだ。」と心の底から思いました。

    マロさんは、太っ腹な事に、5個サンプルを置いていってくれました。
    そこで「MNNT」モニター募集開始します。

    期間
    4月6~8日 --------3日間。
    モニター数 5名

    条件、4月12日(木)までにモニター感想をいただけること。 
    メール、又はFAXにてエンゼルポケットまでご連絡ください。

    又、今回初めてになりますが、4月13日(金)に「マロゥ テクノロジーズのイベント」を開始することになりました。今後月1回のペースで行なっていく予定です。

    更に詳しくは →ここクリック

    4月13日(金) PM6:00~
    主催者:マロゥ テクノロジーズ(株)

    場所 エンゼルポケット秋葉原

    内容: 「MNNT」の試聴実験。その他、現在開発中の製品を何個か持ってきて実験するそうです。(面白そうですね。)

    詳しくは →ここクリック

    マロさんよりコメント

    世界には今だ人に気づかれぬまま眠っているテクノロジーが多くあります。そんなテクノロジーを発掘し応用することによって人々の生活をより良くより楽しいものに出来るのではないか?
    そんな思いが形となってマロゥ テクノロジーズはここに誕生しました。
    今までに無い、圧倒的に良い物を商品として出し、皆さんに喜んで使っていただけるように活動していきます。
    ぜひ、ご期待ください。


    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク