FC2ブログ

    音が音を変える

    エンゼルポケットニュース

    エンポケムービー  更新しました。

    内容
    10月 23日に行われた江川工房のイベント途中から今話題のTAKET-BATPUREの解説と、比較試聴が入っています。江川先生も大絶賛のこの奇跡のツィーパーツィーター、その音の違いをじっくり味わってください。

    B2008-7-6-1.jpg
    -----------------------------------------------------------------------------
    本題

    私の予想予想通り、TAKET-BATPURE

    バカ売れです。

    同価格帯のオーディオアクセサリーに比べたら、5~10倍の威力を発揮するのは間違いないと思っています。

    お客さんより、こんな質問がありました。

    このツィーター20kHz~150Khzと表記されています。通常は聞こえない領域で再生されているのに
    何故効果があるのでしょうか。


    実に鋭い質問です。

    最近あやしい話題盛りだくさんだったのですが、今回は真面目にオーディオの解説をしたいと思います。----笑) (もはや一部ユーザーからはオーディオショップだと思われていません。)

    下の図を見て下さい。 たまや2号の周波数特性です。

    B2008-7-6-2.jpg

    3本の特性を出しています。たまや0号機、たまやツィーター、TAKET-BATPURE と3本特性が表示されています。

    TAKET-BATPURE の説明書では 70db/1mと表記されていますので、そのより下db(デシベル)ではもっと低い帯域で音は再生されているのです。

    20Khz以上は人間は聞こえませんから、10~20khzのところに凄く影響を与えているのです。

    私の予想では、10~20khzくらいの音域では分割振動が嵐のように起こっていると予想しますので、通常のツィーターを使用した、2way 3wayのスピーカーでも効果があるはずです。


    何故かといえば、

    音に音を足すと音を変える

    からです。 以前ゼッテン116という高周波発生装置を使用した時も非常に音が変わってビックリしました。またフィデリックスのアコースティック・ハーモネーター・システムを使用して音が変わります。

     
    音が音を変えているのです。

    オーケストラだって色々な音があるからよい音になっている。音が混ざって音がよくなっているのです。

    要するに音というものは共振なのです。

    だから私はフルレンジスピーカーは好きではないのです。本物の音はしませんよね。

    あともう一つTAKET-BATPURE は高分子圧電ハイル型(TAT-ドライバー)ですから、非常に音のレスポンスよいです。だから、このTAKET-BATPURE (スーパーツィーター)から出てくる音をほんの少しでも聞いてしまうと

    とてつもなく生々しい音だと思っていしまいます。

    それは、「『生楽器が放つレスポンスのよい(速い音)に近いものだ』と脳が勘違いしてしまうのではないか」とも思っています。

    私は以前から 、「スピーカーから出る音が全然生っぽくない」と思っていました。

    その一番の理由は振動板が重すぎからだと思っています。 

    人間の声帯(ボーカル) 唇の粘膜(管楽器)  リード(木管楽器) これらはこれらは全て振動板です。非常に軽くて速く動きます。それに比べたら 16cmのユニットのコーン紙など重くて重くてと思っています。

    トランペットの振動板は唇です。そして高音になればなるほど薄皮になります。

    唇の薄皮一枚
    から音が出ているのです。 だからやっぱりスピーカー振動板は軽いに超したことはないと思っています。

    TAKET-BATPURE

    から出る音は速い ですよ。それが価値があるのです。


    http://www.taket.jp/japanese/q%26a1/q%26a.html

    TAT-ドライバーについて ヒ ゚ ュ ア シ リ ー ス ゙について

    Q1 ハイルドライバーとはなんですか?
    波状に成型したプラスチックフィルムに、ダイナミック ス ヒ ゚ ー カ ーのコイルにあたる電極をプリントしたり貼り付けます。その周囲にマグネットを配置して形成した電極に電流を流すと波状の振動板の山谷が開いたり閉じたりして空気を吸排気して音波になります。数十年前に提唱されてツィーターなどに応用され、軽くてエネルギー感のある音質に多くのファンがいます。今でもスイスのエルゴ社がヘッドフォンやフルレンジスピーカーシステムとして製品化していますし、ELACのツィーター(商品名JET-ツィーター)にも採用されています。


    Q2 高分子圧電ハイル型(TAT-ドライバー)とハイルドライバーの違いはなんですか?
    ハイルドライバーは質量のある電極をマグネットの力で押したり引いたりして駆動します。すると加速がつくまで立ち上がりのスピードは遅いというダイナミック型の駆動です。それに引き換え圧電型の特徴は、分子レベルの変移が振動板全体で起こり、一瞬にして大きな移動になります。

    toy.gif

    上の写真は空気を吹き込むと瞬時に巻き紙が伸びきる玩具ですが、圧電体では空気の流れが電流に対応します。すなわち、空気(電流)が流れた瞬間には紙は延びきっています。
    圧電型の方が圧倒的にリスポンスが良いと言えるでしょう。また、周りに音波の伝達を悪くするマグネットのような遮蔽物がないのも大きなメリットです。



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク