FC2ブログ

    Blend-tune CobaltAC お客様便り

    Blend-tune CobaltAC-JP3は、今ものすごい勢いで売れています。

    その理由はただ1つしかありません。

    音がよいから

    私自身も本当に音がよいと思っています。 まだ発売してわずかですが今後の定番商品となる事は間違えないでしょう。

    もう在庫無くなりそうです。

    あともう一つ嬉しいお知らせが、


    Cobalt MI-Plus8 Cobalt MI-Plus3旧製品をお持ちの方はバージョンアップとして、改造を受付する予定です。価格が決まり次第、御連絡申し上げます。

    B2009-3-29-1.jpg


    先月のOji-Specialイベントに参加してくれた、K様より嬉しいお便りが届きましたので、掲載させていただきます。



    東京都 K様

    Blend-tune CobaltACの感想です。
    先日のOji-Specialイベントに参加したときにその効き目にピンとくるものがあり、
    その場で即買いしてしまいました。
    西出さん曰くクロックの入っている機器が一番効果的とのことでしたので、自宅ではDACの電源ケーブルに使いました。

    試聴はSJ名盤蒐集CLUBの一枚でもあるジェリー・マリガンの「ナイト・ライツ」で行いました。タイトル曲でもある1曲目の「ナイト・ライツ」で、深夜の静けさとけダルだを思わせるスローテンポの曲です。

    ここでのベースはともするとボンつきがちですが、Blend-tune CobaltACを介して聴くと明らかにクリアになったことが分かり、音程もよくわかるようになります。左CHから聞こえるブラシワークも鮮明でとても気持ち良く鳴っています。アートファーマーのトランペットは抜けとかすれ具合のバランスが絶妙になりました。そして、圧巻はボブ・ブルックマイヤーのバルブ・トロンボーンです。普通のトロンボーンとは違い少しウォームな音色のするバルブ・トロンボーンですが(特にボブ・ブルクマイヤーのバルブ・トロンボーンの音については寺島靖国さんが温泉につかっているよなの気持ちよさと表現していた記憶があります)、これまではいまひとつクリアさに欠け、高音の抜けもイマイチで、どうしても頭を押さえこまれたような音だったのです。これが見事に解消されました。

    マウスピースに息を吹き込んで音を発する瞬間の破裂音というかパッーンとはじける部分が
    とてもリアルです。まるでそこで吹いているかの如くです。この曲ではリーダーのジェリー・マリガンはバリトン・サックスではなくピアノを弾いているのですが、これも固すぎず、でも輪郭はきちんと描かれておりかなりいい感じです。この後につづく曲も基本的には鮮明に描かれる傾向で、アルバム1枚を通してとても満足のいく結果が得られました。

    最後に全体的な印象をまとめると、説明書にもある通り「クリアでさわやかな音質」であることに加え、程よい温度感が保たれているというものでした。自分のケーブルを生かしつつ音質アップを狙えるのでとてもありがたい製品です。

    以上、簡単ですが感想をお伝えいたします。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家

      解明される 波動の真実 

      もう笑えない不思議な世界の裏話
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家

    解明される 波動の真実 

    もう笑えない不思議な世界の裏話
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク