FC2ブログ

    たまや3号

    たまや3号を作ることにした。

    現在エンポケで使用しているスピーカーはたまや2号です。

    B2010-4-8-1.jpg

    実は「たまや1号」というのもあったのです。ウーハーは13cmだったので、さすがの私も「これではいくらなんでも低音な出なすぎ」ということで たまや2号をつくったのです。

    たまやシリーズというものは、非常にコンセプトがハッキリしていて。


    1. 無志向性である
    2. 音のファンダメンタル部分、150Hz~10kHzの音域にクロスオーバーを入れていない。 クロスオーバー 120Hz、15000hz


    いろいろ調べても、こういうスピーカーってほとんど世の中に存在していないことが、作り始めてからわかったんですね。

    ただ、このスピーカーにも欠点があるのは、

    耐入力が低い

    ということです。要するにある一定以上のパワーを入れると音が飽和してしまうということです。

    ただ、一般家庭でたまや2号が飽和するほど、パワーを入れれば、確実に隣近所から文句がきそうな気がしますが。・・・


    スピーカーというのは 自動車に例えると分かりやすく

    たまや1号 1300cc クラス
    たまや2号 1800cc クラス

    ということです。私は1600~2000cc くらいが一番乗りやすいとおもっていたのですが。3000CC以上の車に乗っているハイエンドオーディオマニアにはどうも物足りないところもあるようです。

    と言うことで たまや3号です。コンセプトは全く変わっていません。

    というのは、私の勝手な妄想ですが、このコンセプト以上のスピーカーで良い音が出るスピーカーなんて存在しないと思っているからです。

    最近では、前方に向かって音が出るスピーカーは、どうも違和感を感じるようになったし、200 300Hzでクロスオーバしているスピーカーは聞くに絶えなくなって来ているのです。

    ただし、世間ではほとんどがそういうスピーカーでしょうから、

    私のほうが異常なのだと思っています。

    ただこれを造ったからと言って、たまや2号をすべて上回れるかと言うと、それは疑問です。
    おそらく曲によって、「相性が出てくるのでは」と思っています。たまや2号は ボーカルとかギターとかそういう曲はとても得意です。


    今度のたまや3号は、作り方を一般公開しようと思います。決して売るつもりはありません。

    だから、作ろうと思えば誰でも作れますよ。

    ただし、パーフェクト超微細エネルギーは初めてですが。・・・・

    まだ作る前ですが、非常に楽しみです。

    たぶんオーディオって、スピーカー作ろうと思ったときが一番楽しいんじゃないんでしょうか?

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク