FC2ブログ

    オーディオ革命 デジタルトランスポーター編 その4

    連日連夜こんなページを書いていたら、このブログの読者の方から、お叱りを受けてしまいました。

    「今まで、いろいろなオーディオグッズを売っておきながら、いまさら必要ないとは何事だ」と

    確かにおっしゃるとおりだと思います。 

    ただ、今回のシステムを使用すれば、アンプ以外は「電源ケーブルや電源タップ」が必要ではなくなるのは確かなので、その点はについては、ご容赦ください と返答しておきました。

    あと20年も経てば、街中到る所で、電気自動車が走っているかもしれません。「その時、今エンジンを造っている会社はどうなっているのであろう」 そんなことたまに思ったりします。

    オーディオも、全部水素燃料電池で動く時代が来るかもしれませんね。そうしたらオーディオ&ヴィジュアルの世界もそうとう変わるんでしょうね。

    そんな未来の事を想像しながら、このブログ書いています。

    昨日の続きですが、

    MACのノートパソコンに限らず、通常のPCにおいても、このシステムで音質を比較すると

    Ipadの方が圧倒的に音がよいと思いました。

    それがわずかの差ということではなく、圧倒的な音質の差なんです。

    B2010-4-21-1.jpg


    何故だかは、僕にもよく分かりません。分かる人がいたら、誰か教えてください。

    ただ、1つだけ言えることは、

    IpadのUSBは あくまでも イレギュラーなUSB接続であって、世の中の全てのUSBDACと接続できるわけありません。むしろ接続できるものはわずかしかないです。

    そして、通常のPCはほとんど全てのUSBDACと接続できるわけです。

    その辺に秘密があるのではないでしょうか。?

    そしてこのバッテリーです。何故これを使用しなければいけないのかと言えば、


    B2010-4-22-1.jpg


    IpadからのUSBバスパワーの消費電力が低すぎて、ただ単に接続しただけでは、RAL-2496UT1 Ojispcial改が動作しないのです。

    Ipadの電力供給量が限りなく0に近いわけです。これは通常のPCと全く異なる状態です。

    ただそのまま接続すると、このような画面がでます。

    B2010-4-22-2.jpg

    しかし、この電池駆動のバッテリーを中間に差し込んでやると、消費電力の問題がクリアーされて駆動するようになります。


    ひょっとすると、ここにも音がよくなる秘密があるのではないでしょうか。?


    そして、偶然にもこのバッテリーを使用するから、さらに音が良くなっているのです。

    そしてこのバッテリーには音が良くなるための細工がいろいろと施されています。

    ●ノイズフィルタを搭載

    ●バッテリー電圧を一定に保つ安定化装置を内蔵


    革命・第2世代ACアダプター でもお伝えしましたが


    USBDACで一番問題となるのは、電源です。

    このバッテリーでさらに

    いろいろなことが分かりました。



    続く・・ 次はこのバッテリーの音のよい秘密をお送りします。


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク