FC2ブログ

    究極の放射線シート その6

    オプティマルインフォメーション

    月曜日から 第3弾として モニプラでモニターさんを募集しています。

    モニター品は 銅ダ!

    B2011-5-26-5.jpg


    B2011-5-14-1.jpg

    詳しくは → ここクリック 

    現時点で230人以上ものお客様よりモニター募集がありました。
    応募してくださった皆様、大変ありがとうございます。
    使い方など詳しくは、ブログみてください。



    オプティマルライフ健康情報・・・・・・健康についてお悩みの方

    ----------------------------------------------------------

    本題

    長かったこのシリーズのテーマも今日で終わります。



    以前にもお話したとおり、何故自動車のエアクリーナーの外から放射線シートを貼り付けると

    効果が半減するのか

    それをイオンカウンターと共に実証したいと思います。



    その前に、実際に注文が来たお客様に対して発送する蔡どのような梱包をしているかというと

    アルミホイルで2重に巻き、その上から厚めの新聞紙で包んで、さたにもう外側からアルミホイールを巻いて出荷しています。

    B2011-5-26-1.jpg


    こうする事で 62%ほど放射線をカットすることが出来ます。

    B2011-5-26-4.jpg

    この程度の数値ならば、過去にもこれ以上の数値のものを出荷した商品はたくさんありますので、まず問題ありません。

    そして、こうする事によって α線とβ線はほとんどシャットアウトする事ができました。

    ここからが重要なのですが、


    自動車のエアクリーナに、この強力・放射線シート2011を外側から取り付けた場合、上のような上体と全く同じことになってしまいます。

    つまり、外側からシートを貼る事によって エアクリーナーの内部には、α線とβ線は遮蔽されてしまうのです。


    すると エアクリーナーの内部ではマイナスイオンが発生しなくなってしまいます。


    それを証明するためにイオンカウンターで実験したいと思います。

    何もない状態で測定するとこの時は

    7790/cm3 プラスイオン状態

    B2011-5-26-2.jpg


    その下に、出荷状態の 強力・放射線シート2011 を置いてみました。



    B2011-5-26-3.jpg

    7550/cm3 プラスイオン状態

    ほとんど変わりません。若干下がりましたが、これは完全な誤差の範囲です。



    B2011-5-25-6.jpg

    昨日の -4390/cm3 マイナスイオン状態

    とは雲泥の差になっています。

    つまり、α線とβ線がマイナスイオンを作っているのです。

    また、1つ重要な事があります。


    マイナスイオンは密閉された空間の中でこそ最大の威力を発揮する

    この事実は、専門家でもあまり分かっていない人が多いです。

    余談

    モニター応募されたお客様には、順次モニター品発送させていただいていますが、出荷する蔡に妙な誤解を防ぐために商品名を

    強力・放射線シート2011 → 強力・放射泉シート2011
    と記載させていただいています。すみませんが、その辺のところよろしくお願い申し上げます。


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク