FC2ブログ

    テネモスモーター学習キット 「買うか買うまいか」

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    U様からのレポート第3弾です。
    本当にありがとうございます。

    テネモスモーター学習キット。自分も組み立てたい。・・・でも66,600円するし、
    造るのは、今まで見たことも聞いたこともない、フリーエネルギー装置の卵。
    自分に組み立てられるだろうか。組み立てられずじまいになったらどうしよう。

    ぼくのレポートをご覧くださる皆さまの中には、
    そのように思われる方が、いらっしゃるかもしれません。
    ぼくもそうでした。


    1.【どうしよう・・・?】

    このキット、買ってみようか。組み立ててみようか。
    でも、組み立てられなかったら、どうしよう・・・?
    --ぼくも考え込みました。

    でもそれでも、このキットのこと「買おう!組み立てよう!」
    こう思い立ちましたのには、ある動機があったからでした。
    ※でもこれは、ちょっとワケあり。書くと長くなりますので、
     後日、紙幅にゆとりがあったら書くことにいたしましょう。


    さて。買うと決めた。組み立てると決めた。
    だけれど自分に作れるだろうか。

    工作は、学校では小学校の頃の図工や、中学の技術の時間に、
    いくつかの器具や装置を、授業でキット組み立てたものでした。

    家に帰ると・・・子供の頃はプラモデルを組み立てました。
    電子工作で、ラジオやアンプも、造りました。
    でも、工作らしい工作は、大学生の頃以来、もう20年、していません。

    こんな自分でも、つくれるだろうか・・・?
    テネモスモーター学習キットの、部品が入った箱を前にして、
    ぼくは考え込みました。けっこう重い、箱でした。

    B2013-2-16-1.jpg


    2.【キットが組み立てられずじまいになるワケ】

    ふと、工作をしていた、子供の頃を振りかえりました。
    (買って挑戦したプラモデルや電子工作で、組み立てられずじまいだったのって
     なかったっけ?)・・・ありました。

    (それって、なんで組み立てられなかったんだっけな・・・?)
    思い出す、造れなかった、そのワケは--

     ×部品の数が多くて、何がどこにあるか、分かんなくなったり
      肝心な部品をどっかに失くしてしまった。

     ×あらかじめ取説をよく読まないで造り出したら、完成に至るまでの
      工程がかなりあって、途中で気づいてウンザリしちゃった。

    あと、不器用に組み立てるぼくのこと見るに見かねて、
    工作少年だった祖父や父に、模型やキットを取り上げられて、親に勝手に造られた、
    なんてこともありましたが(笑)、

    それはさておき、買ったキットが組み立てられずじまいになっちゃったのは、
    “×”を付けました、上の2点が、主な理由と言えましょう。


    3.【おっかなびっくり組み立てよう】

    だったら話は早い。このキットを組み立てるときは、

     ●部品や、部品を組むボルトやナットを、失くさないように気を付けよう。
     ●組み立てる前に、あらかじめ取説をよく読んどこう。

    今までに造ったことがない、フリーエネルギー装置の卵です。
    今までに造ったことがないモノ組み立てる時は、誰だって『おっかなびっくり』です。

    でも、見るに見かねて、子供が造ってたもの取り上げて勝手に造っちゃう
    父や祖父は、もう生きてません。だったらね、もう、大手を振って--

     ●おっかなびっくり組み立てよう。
     ●組み立ての途中、組み立て方が分からなくなったら、
      オプティマルに電話して、廣瀬さんに教えてもらおう。

    ●を付けました、四つの方針に基づき、
    なかでも『おっかなびっくり組み立てよう』を主軸としまして、
    注意しながらゆっくりと、組み立てることにしました。

    さっそく箱を開き、中の部品を並べてみます。


    4.【こうやって、部品をなくさず、組み立てた】

    お膳の上に、テネモスモーター学習キットの
    部品と、部品を組むボルトやナットを、見やすく分かりやすく広げてみました。
    下の画像の、左側が部品、右側がボルトやナット・ワッシャー類です。

    B2013-2-16-2.jpg


    見てみると、部品は概して大きくて、そう失くしそうにもありません。
    だが、ボルトやナット・ワッシャー類は、さまざまなものが、さまざまな小袋に
    小分けしてあります。

    取説をあらかじめ読みますと、ボルトやナット・ワッシャー類は、取説にあります
    組み立ての工程ごとに、別の小袋を開き、中のモノを使うらしい。
    ただ、その工程で、使い切っちゃう小袋もあれば、
    残った部品を後の工程で使う小袋もある。

    ということは、ついうっかり気を抜くと、小袋から出したままにしちゃった
    ボルトやナット・ワッシャー類がゴッチャになって、どの小袋のものなのか、
    ワケ分かんなくなりかねません。
    まさにここが、このキットの組み立てに挫折する、懸念材料のようです。


    そこで、
    「部品を失くさないようにしよう、部品がゴッチャにならないようにしよう」と、
    こんな感じに机とお膳を並べました。

    B2013-2-16-3.jpg


    お膳は、先ほどの画像をご覧いただいた通りで、
    部品と、ボルトやナット・ワッシャー類の入った小袋を左右に分かりやすく並べ、
    取説にあります部品と、ボルトやナット・ワッシャー類の一覧表のページを
    それぞれ書見台にのせ、チェックが出来るようにしました。

    B2013-2-16-2.jpg

    その左側に、折り畳み式の机をふたつ。
    いちばん左に、取説の中にあります、テネモスモーターの完成図をかかげ、
    正面の机には、取説の、今とりかかっている工程のページを広げ、
    工程が進むごとに、その工程のページを広げるようにしました。

    B2013-2-16-4.jpg


    話が先に進みますが、各工程の組み立てをしますときは、
    その工程で使う部品と、ボルトやナット・ワッシャー類の小袋を、
    正面の机に置き、中身を広げて、

    B2013-2-16-5.jpg


    その工程の組み立てが終わり、部品や、ボルトやナット・ワッシャー類が
    残りましたら、もと入っていた小袋に戻し、

    B2013-2-16-6.jpg


    お膳のもとの場所に、いちいち戻すようにしました。
    空になった小袋は、すぐさま捨ててしまいました。


    迂遠ではありますが、このように手間をかけますことで、
    ぼくは部品をひとつも失くさず、組み立てたテネモスモーターを、
    すぐに回すことができました。

    まさにこれが、本キット組み立ての、最大のポイントです。
    このへんを、ちゃんと気を付けられれば、このキット、
    みなさんでも組み立てられると、ぼくは確信しています。

    オプティマルからお買い上げになれば、
    廣瀬さんが、フォローをきちんと、してくださいますことでしょう。


    5.【取説にまずしたこと】

    話を戻します。取説についてです。
    『組み立てる前に、あらかじめ取説をよく読んどこう』と、
    心に決めてましたから、造る前に、取説を読みました。

    取説は全21ページ。画像付きで、詳細な説明がされています。
    クリップでとめてありますから、バラすのはラクです。
    ただし、バラす前に、やらなければならないことがありました。

    この取説には、ページ番号がふってありません。
    だから最初に、ページ番号、ふりました。

    B2013-2-16-7.jpg


    さあ、いよいよ組み立てです。
    次回は、その際の、工具についてのお話からです。
    (つづく)


    テネモスモーター学習キット

    発売中!!


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク