FC2ブログ

    星の山彦 モニターレポート その1

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    大人気“星の山彦”のモニターレポートが届きました。
    早速掲載させていただきます。

    ちなみに、星の山彦 + 区切りのむすびめ + 鎧ーGAI- 
    を3つ全部あわせるた名称を

    がいむす山と呼ぶようです

    そこから発展すると むす山 GAI山 と呼ぶのでしょうか


    埼玉県 Uさま

    Uです。さいわいなことに、星のたからばこの新製品『星の山彦』を
    売り切れる前にモニター購入出来ました。

    白鳥先生のご要望に応えまして、スピーカーにのせた時の音質変化を
    ビフォー・アフターで試しましたので、その報告をします。




    拙宅のスピーカーは、円筒の両端にスピーカーユニットを
    取り付けて横置きします、エムズシステム製の波動スピーカーです。

    B2013-8-1-1.jpg


    すでに種々のオーディオアクセサリーが取り付けてあります。
    見た目には珍妙に映るかもしれない改造もしてありますが、

    取り外しやすいものはみな取り外して、
    『星の山彦』とその発展型をエンクロージャーの上にのせ、
    ビフォー・アフターの変化を見ます。

    B2013-8-1-2.jpg




    今回はビフォー・アフターの様子を動画におさめました。
    動画を撮りましたデジカメは、ライカ製D-LUX4です。

    聴こえる音の印象は、みなさまのシステムごとに変わるものではありますが、
    同じ条件下でビフォーアフターの変化を試しておりますので
    ぜひ動画もご試聴いただけたらと思います。


    ビフォー・アフターを見るのに用いました曲は、
    バッハ作曲ゴルドベルク変奏曲の“第一変奏”。
    すでに録音から50年以上たちました、1955年のモノラル録音、
    グレン・グールドによるピアノ演奏です。

    モノラル録音を用いますのは、録音のどの鍵盤の音が、
    スピーカーを聴く身に聴こえます音全体の像の、どこから聴こえるか、
    確かめやすいからです。

    では、はじめましょう。
    寝室兼用の、散らかってるリスニングルームで撮りましたが、
    みなさま何卒(なにとぞ)ご容赦ください。




    まずは『星の山彦』を のせない場合の演奏。ビフォーです。



    このスピーカーから再生した演奏を生で聴いた印象なのですが、
    このピアノ録音、低音は左側から、高音は右側から、聴こえてきますが、
    低音と高音とが、左右くっついてるかのように聴こえます。

    低音を奏(かな)でますのは左手。高音を奏でますのは右手です。
    とうぜん、左手と右手の間からは、音は聴こえぬはずなのですが、
    左手の低音と右手の高音が、すき間なく並んで聴こえる感じです。

    低音も高音も、各音階の音色が、いささか溶け合っている感じ。
    分解能や、各鍵盤ごとの音源の定位が、いまひとつに感じられます。

    『星の山彦』をのせだしてからの、聴こえのよくなった再生を聴いてから、
    あらためてビフォーを聴きかえしますと、
    ビフォーにはモワンとしたものが、総じて音に感じられます。




    アフターにとりかかります。『星の山彦』のみを、このスピーカーにのせます。
    丸いエンクロージャー(スピーカーの外函のこと)に『星の山彦』、
    うまくのるでしょうか……のりました。

    1分ほど待ちまして、さっそく再生します。



    このスピーカーから出た音を、現場で聴いた印象なのでありますが、
    スピーカーから聴こえる音全体の像が、ビフォーより大きくなりました。

    ビフォーは、左で鳴る低音と右で鳴る高音、すき間なく聴こえる感じでしたのが、
    『星の山彦』のせましたら、左手と右手の間が、スッキリとし出しました。
    左の低音と、右の高音、その間に、音のしない間(ま)が出来だしたのです。

    ビフォーに感じられた、録音全体にかかったモワンとしたくすみが、
    少しクリアになりまして、
    低音も、高音も、音のそれぞれが聴き分けやすくなりました。




    ここまでが、『星の山彦』単体のみをスピーカーにのせた時の、音の変化です。

    ところがこれが、星のたからばこで販売されております他の製品を、
    『星の山彦』に組み合わせてスピーカーにのせますことで、
    スピーカーの音質の良化が、さらに進みます。

    白鳥鳳山先生がご自身のツイッターで、
    波動の用途で『星の山彦』を使うのに、ご紹介されているやり方ですが、

    ひとつは、『エネルギープロテクトアーマー鎧【-GAI-】』の上に
    山彦をのせるやり方。

    B2013-8-1-2.jpg


    さらにその発展型としまして、『鎧』の上にのせた『星の山彦』に、
    『区切りのむすび目』を巻くやり方です。

    B2013-8-1-3.jpg



    この二つのやり方で、スピーカーの音はどう変わるか。
    レポートが長文となりましたので、つづきは次回といたしましょう。

    まずは真上に挙げました二つの画像、そのたたずまいをご覧ください。


    (つづく)

    Uさま いつもレポートありがとうございます。


    星の山彦・(星のたからばこ・白鳥 鳳山)

    発売中!!


     
    オプティマルライフ㈱ 担当:広瀬
    114-0003 東京都北区豊島1-30-2 706 
    TEL 03-6903-0740 fax 03-6903-0752

    オプティマルライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク