FC2ブログ

    楽しい旅行の落とし穴 虫対策が重要な理由 

    オプティマルライフ株式会社  広瀬です。
    みなさんこんにちは♪




    GWの前に虫よらずの販売キャンペーンを行いました。
    大変多くのお客様に購入していただきました。
    ありがとうございます。

    本日はGW虫よらず活用法をシェアさせていただきます。

    大須賀さんのお話では、ムカデに効果のある
    忌避剤はほとんどないそうです。対策してください。

    本日平成最後の日は雨ですね。
    名残惜しい気がしますね。


    【海外旅行 虫よらずを忘れずに】

    ダニに刺される危険なベッド
    ホテルには様々国の人が泊ります。
    旅行者と荷物と一緒にダニやシラミも付いてきます。

    右は女子学生が卒業旅行で泊ったローマのホテルで何か
    所もダニに足を刺され一晩で真っ赤に腫れた写真です。

    時間が経つにつれて、足先から膝周辺まで腫れが広がり、
    スラットした足がパンパンです。ローマ在住の日本人医師に診てもらうと、
    ダニに食われダニのバイ菌に感染して足が腫れたのです。

    内服薬と塗り薬を処方されましたがその日予定していた
    ポンペイ遺跡見学はキャンセル。同行の友人は、虫よらずをベッドや枕にスプレー
    していたおかげでダニの被害はありませんでした。

    B2015-781-ss1


    ローマ市内のホテルでダニに刺され腫れた足  
    平成26年2月26日


    【キャンプの必需品】

    自然の中で生活するのがキャンプの楽しみです。
    でも、それは虫や動物の生活圏に身を置くことです。

    蚊やブヨ(ブユ)、ムカデ等にとっては願ってもいない
    獲物が飛び込んでくれたようなものです。

    自然の中で虫はいくら殺虫剤で殺してもキリがありません。

    次から次に襲ってきます。
    キャンプや釣り、バーベキューには虫よらずで全身から虫が
    嫌がる臭いで近寄らせないことです。


    【テントはムカデが侵入する?】
    開発者は以前八丈島にキャンプに行きました。

    松林の中の砂地のテントで寝ていると、
    夜中に猛烈な痛みに襲われました。Tシャツの中にもぞもぞ動く物がいます。
    懐中電灯で照らすとなんと15㎝もあるムカデが噛みついていました。
    ズキズキと痛く真っ赤に腫れてしまいその後は痒くてたまりませんでした。

    ムカデは大型昆虫でその毒は強烈です。

    B2015-781-ss4

    寝る前にテントの入口やシュラフ(寝袋)の周りを虫よらずをスプレーして予防しましょう。

    【いつの間にか刺さしているブヨ】 

    川辺のバーベキューは楽しい半面、ブヨの住む場所ですから危険も高まります。
    蚊のような羽音も聞こえません。

    いつの間にか刺されて(噛まれて)血がにじんでいる
    とやっと刺されたことに気が付きます。

    徐々に周囲が腫れあがり、かゆみが出て痒くて痒く
    てたまらなくしかも長期間続きます。

    抵抗力のない子供は発熱する場合もあり大変厄介です。

    ブヨに刺されてからでは薬局で薬を買っても効果は期待できません。

    B2015-781-ss5

    ブヨは3~5㎜と小さくハエや蚊の仲間の吸血動物で、噛みついて
    皮膚を食い破り皮膚組織を破壊して血を吸います。

    しかもムカデやスズメバチと同じような酵素毒の唾液を出します。
    だから蚊よりかゆみも痛みも大きいのです。

    バーベキューの前に虫よらずで全身防御しましょう。

    【墓参りの必需品】
    墓の周囲の落ち葉やなどの掃除と雑草取りをして
    いると必ず蚊の攻撃を受けます。

    家の中の蚊と違い大きくシャツの上からも刺してきます。
    墓参りの前には虫よらずをスプレーしましょう。

    【連休中にゴキブリ対策】
    ゴキブリは大変臆病です。
    しかし無人の家はゴキブリがやすやすと侵入します。
    そして植木鉢の下やシンクの下、コンセントの中、テレビの裏、
    タンスの裏、段ボールや雑誌の陰、冷蔵庫の裏は絶好の住処になります。

    産卵場所は暖かく湿度が高い場所です。
    一度住み着いたゴキブリは次々と卵をうみます。
    一つの卵から20~40の幼虫が生まれます。
    餌がある上記のような場所では爆発的に繁殖するわけです。


    【出かける前に虫よらず】

    今年のゴールデンウィークは10連休になります。
    長期間の留守宅は必ずゴキブリが侵入すると考え対策をしましょう。
    玄関扉や換気口、窓などあらゆる侵入口に「虫よらず」をスプレーして出かけましょう。
    前回も書いたように、住み着いたゴキブリは卵を産みます。
    ゴキブリの卵は硬い殻に覆われ殺虫剤もくん煙剤でも通用しません。

    B2015-781-ss3



    効果を持続させる場合はコルクをカットして虫よらずをたっぷり染み込ませて置く


    【長期間の外出は虫よらずをコルクに染み込ませて】

    外出中に卵を産み付けられると、旅行後しばらくすると
    ゴキブリだらけの家のになります。

    B2015-781-ss2
    4日以上の長期の外出は、虫寄らずが蒸発して効果が薄れますのでコルク
    や脱脂綿に虫よらずをたっぷり浸み込ませて侵入口付近に置きましょう。

    ゴキブリ対策は
    「近寄らせない」
    「追い出す」が肝心です。



    B2015-779-ss7

    虫よらずは
    デートを使用していません。
    すべて天然成分で作られています。
    赤ちゃんやご年配の方にやさしい、天然虫除け忌避剤です。

    http://optimallife.jp/?pid=74010415









    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク