FC2ブログ

    コロナウイルス(SARS) の除菌証明書済 空間清浄スプレーについて

    オプティマルライフ  広瀬です
    みなさんこんにちは♪

     

    SARSコロナウイルス除菌証明済の
    空間清浄液、空間清浄スプレーは
    爆発的に注文が殺到しています。


    それに応じて毎日何十件という質問がきています。

    ◎これ以上質問が増えると、回答できなくなりそうなので
    なるべくメルマガでまとめてお伝えさせていただきます。



    ■何故マスクに空間清浄スプレーを噴霧することを推奨しているのか?


    マスクだけでは感染は防げない!



    昔から日本人はマスクを着けるのが好きと言われますが、
    そもそも(感染症に関しては)



    マスクは予防のために使うものではなく、
    感染してしまった人が周囲に広げないために使うもの
    です。


    かぜやインフルエンザに罹ってしまった人がマスクを使用する
    ことは感染の広がりを防ぐために非常に重要です。


    しかし、逆に無症状の人がマスクを着用することで周囲からの
    感染を防ぐことはできるのでしょうか?


    結論から言うと、これまでの研究ではマスク単独での
    インフルエンザやかぜなどの予防効果は示されていません


    マスクを着用した人と、マスクを着用しなかった人とを比べても、
    かぜやインフルエンザの発症率に差はないとする
    報告が多数あります




    嘘だと思う方は

    大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68435

    ただし例外もあり、

    ・医療用サージカルマスク
    ・N95規格のマスク

    は多少の効果あります。ただし、今の日本ではほとんど手に入りません。


    弊社で販売している

    MLI Specマスクは性能が高いです。


    この間アマゾンで医療用のサージカルマスク50枚が
    9万円以上で取引されていました。



    ボッタクリもいいところなんですが、それも10セットが
    すぐに完売していました。 悪徳業者気を付けましょう。



    マスクに空間清浄スプレーを推奨する理由 その2

    マスク自体がウイルスに感染するので
    マスクは時々除菌することが大切です。

    マスクの着けっぱなしはダメ

    まず、マスクを着けるタイミングです。



    ときどき朝から晩まで一日中マスクを着けている方がいらっしゃいますが、
    感染予防の観点からはダメです。


    なぜならば、マスク表面はしばしばウイルスで汚染されてしまうからです。
    電車で周りの人からくしゃみを浴びたとき、あちこちを触った
    自分の手でマスクを触ったときなど、マスクは一日の中でだんだんと
    汚染されていきます。




    かぜやインフルエンザは飛沫(くしゃみや咳)だけでなく、
    触れることでもうつりますので、結局自分のマスクに触れた手で
    目や鼻を触ったりすることで感染してしまいます。


     
     
    何故、空間清浄スプレーを常時持ち歩くことをすすめている



    ウイルスはマスクやドアノブに付着しても、すぐには死なず
    2~48時間は生き続けるからです。



    特にトイレは密閉された空間で、感染しやすい場所となります。

    ホテル、ショッピングモール、デパート、遊園地など
    不特定多数の方が多く訪れるトイレでは必ず除菌してください。
     

    マスクに噴霧して安全性は問題ないの?

    毒性はとても弱いです。

    ・致死量がコーヒーや塩より低い

    ・効果は一週間持続する

     

    空間清浄液の毒性は非常に弱く
    LD50 10%液 ラット経口≧2000mg/kg
    と表示しています。


    LD50は致死量ということになります。

    もう少し具体的に申し上げますが 2000mg/kgは10%の希釈で 
    液体の場合

     1L あたり2CCの値を体重1kg

    のラットに飲ませた時の致死量50%ということになります。

     

    よく消毒用に使う エタノール(アルコール)が、
    LD50:14g/kgとなっています。


    とても安全だということがお分かりいただけると思います。


    さらに、空間清浄液は通常、100倍に希釈して使用しますので
    LD50 1%液 ラット経口≧20000mg/kg
    という事になります。(あくまで計算上です)

     

    ・塩は LD50:3000~3500g/kg 
    ・カフェイン LD50:200g/kg 


    ともいわれていますので、家庭で使用する食塩や、多くの人が飲んでいる


    コーヒーやお茶に含まれるカフェインよりも

    空間清浄液が安全
    だということが

    お分かりいただけると思います。


    コーヒー(炒り豆・ドリップ)1杯150mlで換算すると、1
    00mgのカフェインが入っているようです。


    ラットに本格コーヒー2杯飲ませると、
    半分は死んでしまうということですね。

     

    人間ははるかに大きいですから、コーヒー1、2杯では
    どうということはありません。


    この成分の効果を非常に簡単に申しますと

    空気中の菌やウイルスを包み込んで、

    窒息死させてしまうような事が起こります。


    これを、空間清浄液 スリーパーホールド現象・・・

    と呼んでいます。笑)

     


    重要な豆知識

    ・消毒用によく使われている エタノール(アルコール)は、
    15分しか効果が持続
    しません。



    逆に、15分以上たつと有機物として分解され、逆に菌の温床となります。

    ですから、もしマスクにスプレーするとかえって菌の温床となり、
    空気中にアルコールを散布してもほとんど意味がありません。


    また保育士や看護師は仕事柄、アルコール消毒をして手が荒れている
    方がたくさんいます。


     



    アルコールは体には危険な成分なのです。
    手ですらぼろぼろになるなら、顔はさらに危険です。



    人にやさしい空間清浄液


    ・超音波式加湿器は、加熱式と違いレジオネラ菌
    などの発生源になる事もあります。


    ・国内の大手メーカーは超音波式の加湿器から撤退しました。


    空間清浄液は菌を殺す作用が働きますので、超音波式の加湿器に入れると

    空間にある、ウイルス、菌、PM2.5、

    花粉などを無害化し、内部で発生するレジオネラ菌の

    予防にもなります。

     

    まさに一石二鳥の効果が望めます。

    (超音波式の加湿器は値段が安いのがメリットです。)

     

    空間清浄スプレー

     


    SARSコロナウイルス
    の除菌証明書を取得しています。


    中国を中心とした
    海外旅行者に濃厚接触するお客様
    のため急遽つくりました。


     

     



    空間清浄液 200ml

    空間清浄液 500ml

     

    追伸

     

    本日1月16日発売の?わかさ?わかさ出版に
    弊社の空間清浄液が掲載されています。

     



    編集部の方とはメールや電話で何回も
    やりとりして、校正のお手伝いをさせていただきました。


    昨日編集部の方から掲載紙が送られて
    きました。


    新型コロナウイルスが感染ニュースは

    刻一刻と重大化しています。

    ウイルス対策重要と考えています。




    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家

      解明される 波動の真実 

      もう笑えない不思議な世界の裏話
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家

    解明される 波動の真実 

    もう笑えない不思議な世界の裏話
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク