FC2ブログ

    MIL.Specマスク再販 最高レベル(ウイルス・花粉 対策) 本日17:00~発売!

    オプティマルライフ株式会社  広瀬です。
    みなさんこんにちは♪


    MIL.Specマスクを本日17:00~発売させていただきます。
    誠に申し訳ございませんが、今回の発売より、マスクの価格を
    上げさせていただきます。

    世界中のマスクの重要が高まり、原価が上がってしまったようです。

    中国のみならず、日本、韓国、イタリア、イランはすでにパンデミック
    寸前のようです。

    業者からの話によると、マスクを生産している企業は「なるべく国に回せ」と
    命令が来ているようです。たしかに、医療従事者にも深刻なマスク不足が
    あるので、仕方ないのかもしれませんが、
    役人や政治家のために徴収しているのであればちょっと許せないですね・・笑)

    戦時中みたいですね。(経験はしていませんが・・・。)


    2月28日にすごいニュースが飛び込んできました

    新型コロナウイルス、条件付きで「空気中に
    浮遊」と日本感染症学会 
    通常のマスクでは防げず・・・

    https://johosokuhou.com/2020/02/28/26450/?fbclid=IwAR0diC7Cto58h29QvZkl3oSRGzNlUeyys7La2PpSUmWXN3Cps97fL_6gKt4


    日本感染症学会と日本環境感染学会が
    一定の条件では空気感染するということを
    認めたのです。



    日本感染症学会と日本環境感染学会は一定の条件下で、
    新型コロナウイルスが空気中に浮遊する可能性があるとの見解を発表しました。

    学会はこれまでの情報をまとめた結果、閉鎖空間だとごく短時間空気中に浮遊し、
    空気感染と同じような形で他人に感染する場合があると言及。
    ウイルスが空気中に浮遊すると市販のマスクでは防ぐことが難しく、
    部屋を換気することで感染リスクを下げることが出来るとしています。

    既に中国の方だと3週間ほど前から指摘されていましたが、
    空気感染に近いタイプのエアロゾル感染とほぼ同じです。

    日本の調査機関でもその可能性が具体的に言及されたのは
    大きな前進だと言え、室内では空気感染もする恐れがあるとして、
    新型コロナウイルス対策は考えたほうが良いかもしれません。




    やっと真実が明らかになってきました。


    私たちは業者や専門家に騙されている。

    新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスの大きさは約0.1μm(ミクロン)です。
    とても小さいのでマスクのスキマなんか簡単に通ってしまい、
    インフルエンザ感染予防に効果ない、といわれています。

    しかし、新型コロナやインフルエンザは、飛沫感染や接触感染でしか感染しないと
    いわれています。

    この2つの解釈はとても矛盾しています。

    世間一般で売られている、ほとんどの家庭用マスクは、飛沫感染を防ぐように
    作られているものです。私から見ると、あまり役に立たないマスクです。

    市中で売られているマスクは
    花粉粒子・BFE・VFEのどれかをカットできるという規格になっています。

    、フィルター部の性能試験法

    •花粉粒子の捕集(ろ過)試験粒子約30㎛

    •BFE(Bacterial Filtration Efficiency)(バクテリア飛沫捕集(ろ過)効率試験)試験粒子黄色ブドウ球菌の懸濁液(約3㎛)

    •VFE(Virus Filtration Efficiency)(ウイルス飛沫捕集(ろ過)効率試験)試験粒子バクテリアオファージ(約1.7㎛)

    •PFE(Particle Filtration Efficiency)(微粒子捕集(ろ過)効率試験)試験粒子ポリスチレン粒子(0.1㎛)


    つまり、新型コロナやインフルエンザは飛沫感染や接触感染でしか感染しないといわれているのに
    通常の家庭用のマスクでは、ウイルス対策は難しいということには、
    とても大きな矛盾があるのです。

    感染対策であれば、サージカルマスクやN95規格のマスクがなぜ存在するのでしょうか?


    ◎新型コロナ インフルエンザウイルス:約0.1-0.12μm

    ●結核菌などの細菌:約0.5-0.6μm

    ●PM2.5などの大気中に漂う物質:約2.5μm 

    ●せき・くしゃみで飛び散るウイルス:約3-5μm

    ●花粉:約20-40μm  ※1μm=1mmの1000分の1

    クルーズ船で厚労省の職員が、感染した理由は
    飛沫感染神話を信じていたからだと推測しています。

    しかし、このような矛盾を説明している
    専門家はほとんどいません。

    これはあくまで裏の事実なのですが

    感染研究の専門家は、ウイルスが空気感染することを
    とっくに知っていたが、実はひた隠しに隠していた。

    究極の隠蔽体質 怒


    つまり50枚 500円くらいのマスクは装着してもほとんど役に立たないが、
    マスクには様々な規格があるということは一般の国民には知らせていなかった。
    マスコミも含めて

    何故?

    ご自分でお考え下さい。

    ヒントは企業も医療も所詮は○○○



    東京新聞のこの記事を転載させていただきます。

    ◆識者「医療用なら予防できる」

     一方、高橋氏は満員電車のような人と人との距離が近い場所では
    「サージカルマスク」と呼ばれる医療関係者が使うマスクなら感染拡大の防止、
    予防ともに有効であると説く。それが信頼性ある研究で証明されているという。

     高橋氏は「花粉対策のマスクは目が粗いが、市販でも医療用と
    同等の性能の物がある。自分のマスクの性能を確認することが大切。
    予防策としても完全ではないが有効。品薄で入手できない時は、
    アルコールで消毒してマスクを再び使う手もある」と語った。

    アルコールで消毒するぐらいなら、空間清浄スプレーで消毒しましょう。
    アルコールは15分しか効果を持続できないからです。



    MIL.Specマスク はN95 サージカルマスクよりはるかに
    レベルの高い性能となっています。



    B2015-9308-3.jpg


    MIL.Specマスクについて
    今までのマスクと性能は変わりませんが、
    名前が変更になりました。

    もともとこのマスクは

    米国海軍パイロットの装備品規格を参考に開発しました
     
    日本国内ではマスクを人体に装着し性能を比較する基準が無い為
    米国国防省の規格に準拠しました。



    MIL.Specマスク開発経緯

    実験動物施設内で働く国立・公立の研究者10名の
    意見を参考にして開発しました。

    動物実験施設内で研究者にアレルギー症状で発作を起こ
    し健康を害する人が続出したからです。
     
    動物の糞便、尿、皮膚のフケや不明なウイルスや菌など
    1ミクロンより微小な物質などが原因です。

    従来のマスクでは解決できない為、新たに開発することとなりました。

    通気性を良くすることとダスト捕捉率を上げることは
    相反するため、非常に難しい開発でした。

    捕捉率を高めると呼吸が苦しく、約20分で右脳が痛くなり
    、正常な判断や行動が保たれないことも判りました。

    N-95について (長時間使用の想定では作られていない)
    ウイルス対策用としてN-95が知られていますが、
    フィルターの能力試験を行っているだけで、人体に装着した
    上での顔や唇の動きへの追従性や隙間防止、効果持続時間
    、呼吸中の排気湿度によるフィルター目詰まり
    による圧力損失増大等の試験は評価基準がありません。


    その為、 SARSコロナウイルス発生時に病院内で医師や
    看護士が次々に感染し死亡したのは、排気湿度で
    呼吸が苦しくなりマスクをずらしたり、右脳も痛み正常な判断も
    出来なくなったためと考えられます。

    N―95は想定使用時間は15分程度。
    長時間使用を考えて作られていません。

    B2015-9308-2.jpg

    中国、アメリカ、ヨーロッパ、アジア

    全世界でマスクの需要は高まっています。

    マスク製造会社のマスク大手ユニチャームは 24時間態勢で
    マスクを増産いているらしいのですが
    追いついていないようです。

    N95 サージカルマスクよりはるかに
    レベルの高い性能となっています。

    MIL.Specマスク 

    2020年 3月 1日(日)

    おもしろ通販
    https://optimal-life.jp/shopdetail/009003000003

    健康通販
    https://optimallife.jp/?pid=30398772



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家

      解明される 波動の真実 

      もう笑えない不思議な世界の裏話
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家

    解明される 波動の真実 

    もう笑えない不思議な世界の裏話
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク