FC2ブログ

    究極!土壌から考えられた免疫最強ソマチッドの粉 本日18:00~発売

    オプティマルライフ株式会社  広瀬です。
    みなさんこんにちは♪





    悪玉菌を悪と考える愚かさ!


    畑に「除草剤、農薬、化学肥料」を
    たくさん使うと作物は病気になり
    土壌には悪玉菌が増えます。


    そのような現象が起こったとき
    えてして人は、作物が病気に
    なった理由を悪玉菌のせいにします。

    しかし、この考え方は間違っているのです。


    その畑に悪玉菌が現れた理由は、
    土地を浄化しようとする自然の摂理
    が働いているからなのです。


    その現象は、私たちの腸内環境にも同じことが言えます。


    農薬まみれの野菜、食品添加物、化学調味料たっぷの料理、
    甘い菓子、スナック菓子などたくさん食べれば、腸内には悪玉菌が
    大量に増えてしまいます。


    風の谷のナウシカに出てくる腐海や王蟲(オーム)
    人からみれば悪玉菌だが地球からみると善玉菌なのです。


    腐海の森の中に落ちた、ナウシカは腐海の森の中の水や
    空気がとてもきれいだったことに気がつきました。


    つまり腐海や王蟲(オーム)は人間が汚染した毒
    浄化しようとしていただけだったのです。


    だからナウシカは王蟲(オーム)を焼き尽くすことを
    体を張って止めました。


    写真をみればわかると思いますが

    S氏がソマチッドを混ぜて作った土は
    一番左上 INPUT DETA

    左下は 病気が多発する 
    Sick Soil(病気の土)

    10~30万 土壌消毒を続けていいる土壌 病気が多発する(可能性含)土壌
    30~50万 農薬・化学肥料が過剰な土壌 病気が発生する(可能性含)土壌


    B2015-927-11.jpg

    ソマチッド入りの土は右下の「健康な土」以上
    の値が出ています。


    健康な土には、除草剤や農薬は必要なく
    害虫も寄ってこないそうです。


    だから私は、ソマチッド入りの粉を
    毎日使用しています。


    免疫を活性化して、ウイルスに負けない
    体を作るために!



    新型ウイルスは人間にとっては
    悪玉菌かもしれないが、地球にとっては
    善玉菌なのかもしれないと考えています。


    それなのに人類は、新型ウイルスを
    悪玉菌と考え世界中で消毒しまくっています。


    私から考えると除草剤や消毒液は王蟲(オーム)を焼き尽くす
    巨神兵
    と同じだと考えています。

    B2015-938-11.jpg


    WHOは路上を消毒することには意味がないと指摘
    道路や歩道は新型ウイルスの感染原とはされておらず、
    屋外であっても消毒剤を散布すると「人間の健康に危険」を及ぼす恐れがある指摘した。

    この間、ふと故飯島秀行さんとの思いでが
    頭に浮かびました。


    たまたま家が近かったこともあり、
    何度もいろいろなお話を聞いたことがあります

    もしご存命だったら今回のコロナ渦にたいして
    何て言うのかなぁ~と。

    推測では「自業自得」というのではないかと
    ひそかに思っています。


    自然というのは、必ず「もとに戻そうとする
    力が働く」ということを私に教えてくれました。


    地球温暖化、大気汚染、などいくら議論しても
    まったく埒が明かなかったのですが、
    コロナ一発でかなり問題が解決してしまったのです。

    B2015-938-10.jpg

    人がウイルスや菌と争っても絶対に勝てない理由がここにあります。


    もし仮に、新型コロナウイルスが人工的に作られたものだと仮
    定しても人がウイルスを制御するのは不可能です。


    毛虫に白い粉をふりかけると
    以下のいうになる魔法のソマチッドの粉

    B2015-930-10.jpg

    しかし、モンシロチョウにこの粉をふりかけても
    何の影響も与えないらしのです。

    これが最強のS氏とソマチッドの波動エネルギー

    この粉に毒がないことは、
    私が自分で飲んでいることで証明できます。

    現代科学では解明できない世界が
    この世には存在するのです。

    s氏より

    Ca70:Si30 粉末を
    毛虫にひとつまみ振りかけると、

    ☆そのまま死ぬまで動かない個体
    ☆驚いて地面に落ちて居なくなる
    ☆動いて移動するが、粉が落ちない限り、翌日は居なくなる。
    ☆毛虫の移動先に粉を撒くと

    避けるようにUターンする。

    そして、葉に付着した粉が太陽光を遮って、植物より
    光合成を邪魔しているにも関わらず、枯れずに成長
    促進する。



    ソマチッドの粉はS氏が開発しました。

    S氏が考えた理論では、人の腸内と畑の土の環境は
    全く同じだと考えています。

    そのために
    「土壌微生物多様性・活性値」を測定しました。
    B2015-927-12.jpg
    結果:2,267,294 (偏差値:91.0)

    この結果は「土なのに土ではない」
    という評価を受けました。



    土壌の専門家の間では、奇跡を超えた値だと
    評価されているようです。


    その土とは
    「Si型ソマチッド」98%」
    「Ca型ソマチッド2%」

    混合物を20%混合し、散水(塩素抜き)好気的に静置し
    乾燥したら、さらに散水を繰り返した1が月後の土です。

    B2015-927-13.jpg


    200万以上 偏差値91驚異的な数字です。

    詳しくは画像ご覧ください。クリックすると拡大します。

    分析値と 偏差値について

    10~30万 土壌消毒を続けていいる土壌 病気が多発する(可能性含)土壌
    30~50万 農薬・化学肥料が過剰な土壌 病気が発生する(可能性含)土壌

    200万以上 土ではなく、ボカシやたい肥など



    B2015-927-10.jpg


    それで私は、「Si型ソマチッド」:「Ca型ソマチッド」
    混合物を毎日備え付けスプーン1杯飲めば、

    自身の腸内は偏差値91の環境になると考えたのです。

    あくまで私の感想ですが

    ●その効果はすさまじいです。


    これが私が考える最強免疫です。


    これは医師の専門外の学問で、おそらく知っている人は
    ほとんどいないと推測しています。

    だからS氏は天才だと思っているのです。

    今話題の新型ウイルス感染症で生死を分ける大切な部分は
    自分の免疫力がカギを握っています。


    人間の免疫細胞の約6~7割は腸管に集まっていると
    言われています。

    腸内環境を整えることで免疫細胞が正常に働き、有害なウイルス
    や細菌から体を守ってくれるのです。


    その最も肝になる部分は、腸内細菌にあります。

    NHKスペシャル←これを見ると理由がわかります。

    https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_6.html

    抜粋 重要な部分


    腸の中には、全身から寄せ集めた免疫細胞の“戦闘能力”を高めるための、
    特別な「訓練場」まで用意されていることがわかってきました。

    それが、「パイエル板」と呼ばれる、小腸の壁の一部に存在する平らな部分です。
    パイエル板の表面には、腸内を漂うさまざまな細菌やウイルス、
    食べ物のかけらなどの「異物」を、わざわざ腸の壁の内部(つまり体内)に
    引き入れるための“入り口”が用意されています。

    そこから引き込んだ「異物」を、パイエル板の内側に密集する大量
    の免疫細胞たちに触れさせ、人体にとって有害で攻撃すべき敵
    の特徴を学習させているのです。

    こうした腸での訓練を受けた免疫細胞たちは、腸で守りを固めるだけでなく、

    血液に乗って全身にも運ばれ、体の各所で病原菌やウイルスなど
    敵を見つけると攻撃する“戦士”となります。

    一見腸とは無関係に思えるインフルエンザや肺炎などに対する免疫力の高さも、
    腸での免疫細胞の訓練と密接に関係しているらしいことが、
    最新研究でわかってきています。

    腸はまさに「全身の免疫本部」。田中投手の「鉄壁の免疫力」も、
    腸のこんな知られざる役割によって生み出されていたのです。

    そんな大事なTレグが、腸内細菌の一種であるクロストリジウム菌の働きによって、
    私たちの腸でつくり出されていることが、最新研究で明らかになってきました。

    クロストリジウム菌は、私たちの腸内の「食物繊維」をエサとして食べ、「酪酸」
    と呼ばれる物質を盛んに放出します。

    この物質、実は腸に集結する免疫細胞に「落ちついて!」というメッセージを伝える
    役割を担っています。

    クロストリジウム菌が出した酪酸が、腸の壁を通って、その内側にいる免疫細胞
    に受け取られると、Tレグへと変身するのです。

    もし腸内でクロストリジウム菌が出す酪酸が少なくなると、Tレグも適正に生み出され
    なくなると考えられます。腸内でクロストリジウム菌が明らかに
    少なくなっていた、あの重症のアレルギー患者さんや、多発性硬化症の患者さんは、
    腸内でTレグを生み出す働きが弱くなっている可能性が考えられます。





    S氏がソマチッドを混ぜて作った土は
    一番左上 INPUT DETA

    左下は 病気が多発する Sick Soil(病気の土)

    雲泥の差ですね。


    ソマチッド入りの土は
    右下の「健康な土」以上の値が出ています。


    B2015-927-11.jpg

    私の腸は毎日使用しているから
    私の腸は左下のデータのようになっているはずです。

    でもお客さんの中には、
    左下のような腸になっている可能性はあります。

    そういう人は間違いなく、ウイルスや菌の感染症に
    かかりやすい人なのです。


    これが土壌から考えた免疫最強説です。

    B2015-927-14.jpg


    ソマチッド最強をいよいよ販売します。

    この製品は、食品としての許可を得ていません
    ご使用は自己責任でお願いします。

    本来は、土壌改良して、そのソマチッドたっぷりの
    植物を食べる目的としています。

    2020年 5月 18日(月) 18:00~

    おもしろ通販 28
    https://optimal-life.jp/shopdetail/000000001448

    健康通販 29
    https://optimallife.jp/?pid=150524223





    追伸
    新ルール

    1ケ月の合計金額が13000円以上

    商品をご購入のお客様は、
    私の新刊「解明される 波動の真実 10%offクーポンコード付」
    をプレゼントします。

    ●弊社はリピートされるお客様が多いので
    合計金額にしました。



    合計金額 13000円以上の方本プレゼント

    本希望を備考欄にお書きください。

    サインも希望する方には書きます。

    https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909417508/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i0

    B2015-906-4.jpg




    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家

      解明される 波動の真実 

      もう笑えない不思議な世界の裏話
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家

    解明される 波動の真実 

    もう笑えない不思議な世界の裏話
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク