FC2ブログ

    姜建華 コンサート報告 その3

    国枝さんの後は 姜先生の独奏でした。さすが世界的レベルの二胡の演奏です。これはちょっとレベルが違います。そうこうしているうちにコンサートの一部は終了してしまいました。途中休憩が10分入ったので、録音現場に直行しました。すると、揚琴を弾いていた郭敏(グォ・ミン)さんに出会いました。「ちょっと手伝ってもらえますか」と流暢な日本語を話すので少しビックリしました。「よろこんで」といって私とコンペイさんで揚琴をしまうのを手伝いました。揚琴をこんなに近くで見たのは初めてだったのでチョット感動しました。

    B2006-11-5-1.jpg

    B2006-11-5-2.jpg

    そうこうしているうちにコンサートは第2部が始まりました。
    3曲目のチャールダッシュは私は好きな曲でした。ただこの曲を二胡で弾くのは大変難しいのだと思いました。最後の3曲は皆さんが出てきて二胡の合奏になりました。独奏と違いスケールが違うというかホール全体によく音が響き渡りとてもすばらしい演奏となりました。

    B2006-11-5-3.jpg

    アンコールは姜先生の独奏で終わりました。本当すばらしいコンサートだったと思います。プロである先生と生徒の皆さんでは力量の差はありましたが、生徒さんにとっては一生の思い出になったのではないかと思っています。

    コンサート終了の風景です。
    B2006-11-5-4.jpg

    マイクが下ろされたところです。

    B2006-11-5-6.jpg

    今回使用されたピアノ(べーゼンドルファー)です。

    B2006-11-5-7.jpg

    最後にコンサートホールの風景です。定在波が起こらないような様々な工夫が施されています。

    最後に一ノ関からの一言です。

    録音、録画をした一ノ関です。
    録音はペアマイクによるワンポイント録音をしました。マイクの写真にありますように、距離は4m程度あります。二胡のようにあまり音が大きくない楽器は、もう少し近い方がいいのですが、録音のためのコンサートではありませんので、演奏会優先でセッティングしました。同じ理由で、補助マイクも使用していません。
    ちなみに、PAをまったく使用していないコンサートでした。録画につきましては、発表会的な意味もあるコンサートですので、あまりあっちこっちへと動かさず、落ち着いて動きを追いました。撮影している人は、ついついカメラを動かしてしまうものだと思いますが、ビデオはフィックス(固定画面)が基本ですので、「少し動きが足りないかな」くらいでちょうどいいと思います。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家

      解明される 波動の真実 

      もう笑えない不思議な世界の裏話
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家

    解明される 波動の真実 

    もう笑えない不思議な世界の裏話
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク