FC2ブログ

    DrDAC COP01とCOP02の差し方

    今、「PRODIGY HD2 OJI改バージョン」がすごい勢いで売れています。以前よりサウンドカードは販売していたのですが、サウンドカードというものは発売してもなかなか売上げに結びつかない代表的なものの1つでした。「うーむ、いったいなにが起こったんだ」と頭をかしげてしまいました。しかし、売れるということはそれなりの原因があると思いますので「なぜ売れているのか」私なりに推測してみました。

    原因

    1.OjiSpecialの改造技術がオーディオマニアの間にかなり浸透した。

    この3年間でOjiSpecialが改造した製品は、MAUDIOの「SUPER DAC 2496改」エゴシステムズ「DrDAC OJIバージョン、DrHEAD-mini改、DrHEAD-Hifi OJI スペシャルバージョン、OJIスペシャルサウンドカード(Juli@)」DAP-100N-R Oji改とすごい数にのぼります。
    これら製品を販売してきて不良品やクレームといったものはほとんどありません。その蓄積された信用は揺るぎのないものになってきているようです。


    2.IPod(アイポッド)などのユーザーなどが増えたため、PCオーディオがここ数年で急速に発展した。

    やはりHDDやメモリーの携帯プレーヤが世の中に浸透すると、PC上で曲をダウンロードしたり、手持のCDをAMP3やWMAに変換します。そうなるとPCで音楽を聴くきっかけが生まれ、それまでPCが苦手だった人も、PCで音楽を聴くようになってしまったのではにかと思っています。

    実は江川先生がIPod(アイポット)を購入したということ知ったとき、私は本当に驚きました。
    そして「回転体のないメモリーの方が音は良い」とまで言っていました。


    ところでDrDACのオペアンプの交換方法ですが、OjiSpecial推薦では
    下の図のようになっています。
    B2007-1-5-1.jpg

    COP01とCOP02では音が違います。例えるなら、COP01は「元気の良い音」
    COP02は「しっとりとした上品な音」という感じです。そこをうまくミックスして良い音になるのだと思います。
    12月はDrDACもかなり多くの方が購入しました。オーダーの際に「最初からCOP01とCOP02を装着して、届けてください」という要望も何件かありました。下記の写真は12月のイベントの際に実際に西出さんにDrDACを装着してもらっている様子を撮影したものです。DrDACは今年モデルチャンジをするそうです。現行のモデルはあと数台エンゼルポケットにあるだけだと思います。「ほしい」と思っていた人は今のうちにオーダーしておいた方がよいと思います。

    B2007-1-5-2.jpg

    B2007-1-5-3.jpg

    B2007-1-5-4.jpg

    B2007-1-5-5.jpg

    B2007-1-5-6.jpg

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク