FC2ブログ

    Cobalt RCA-G Cable  モニター報告第3弾

    本日も、Cobalt RCA-G Cableをモニターが届きましたので、掲載させていただきます。

    B2007-6-21-1.jpg


    宮城県 K様

    接続したシステムは、「マイナスイオンSPケーブル」の時と同じですが、接続場所は以下の通りです。CDP&PHONO→入力セレクター→出力セレクター→「RCA-G Cable」→アンプ接続は取説通り、アース側を出力側にしました。「出力セレクター→アンプ」間に接続したのは、音の最終段階のRCAケーブルであることと、セレクターに GND端子があることが理由です(ちなみに、セレクターは入出力ともラックスマンの
    「AS-4Ⅲ」、さすがラックスマンでしょうか、笑!)

    最初に、アースを接続しないで試聴してみました。確かに、SN比が向上し各音域がくっきりと聞こえましたが、各音域の繋がりが悪く、ボリュームを上げるとあきらかに歪みが感じられました。この時は、正直
    「こんなものなのか?」と悄然としてしまいました(爆!)(エイジング不足による新製品特有の症状かとも思いましたが・・・、以下。)

    次に、出力セレクターのGND端子にYラグを接続しての試聴です。
    これはもう、「第2段のご報告」の通りの格段の、いや別物といっていいほどの変化でした(唖然!以下。)

    1.音場の変化です。部屋全体に音が広がるようになり、私自身が音に全身を包まれているような感覚になりました。この感覚はいままで体験したことがありません。驚愕しました。

    2.各音域の繋がりもこれが同じRCAケーブルかと疑うくらいすばらしくなりました。(先ほどの音の不連続性は微塵も感じません。)

    3.アースノイズが激減したせいだと思いますが、ボリュームを上げてもまったくうるささが無く、かつ音に歪み感も皆無になりました。

    苦言:「第2段報告の方」もご指摘されているとおり、アース端子があまりにも短いと思います。私もためらわず熱収縮チューブの端を切って無理矢理接続してしまいました(すいません、笑!)

    以上、簡単ですが試聴報告にさせていただきます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク