FC2ブログ

    ついに出た。コバルトACプラグキット。 その1

    ojiSpecialが提案する電源ケーブル、クリスタルパワー。「あのケーブルの音の良さは桁が違う」と思っているのですが、何せエンポケ取り扱い製品としてはインフレな方で、99,800円という価格です。庶民の味方、サラリーマンの味方エンゼルポケットとしては、「何とかもう少しプライスダウン」を提案していました。そして、西出さんがついにACプラグキットを作ってくれたのです。

    バンザイ、バンザイです。

    皆さんこれで存分に電源ケーブルを自作してみてください。
    特にゴールデンストラーダー♯301 (切り売り)などお勧めです。

    今日は西出さんがコバルトACプラグについて原稿を書いてくれましたので、掲載します。

    -----------------------------------------------------------------

    コバルトパワーケーブル製作キット 西出晃Cobalt AC-33JP コバルトDX-1000を得てついに登場!

    B2007-9-6-1.jpg


    2006年3月6日 ティ-トックレコーズ主催 そして ゴールドディスクに輝いた ジャズピアニスト穐吉敏子渡米50周年ライブレコーディングで実際に使用した OJI Specialコバルトクリスタルパワー電源ケーブル。そこに使用したコネクタをついに発売します。
    B2007-9-6-2.jpg

    ティートックレコーズの秋吉敏子さんの渡米50周年記念ライブレコーディングはノンリミッター、ノンEQなど数々の偉業を行い その音楽性や高音質を評価されゴールドディスクに輝いたのは記憶に新しいところです。
    B2007-9-6-3.jpg


     ティートックレコーズ社長 金野貴明さんさんから 秋吉敏子さんのライブレコーディングの話しを伺い「何かお手伝いできることはないですか?」という質問に対し 間髪入れずに出てきた言葉が 「秋吉敏子さんのこのレコーディングのために電源ケーブルを作ってもらえませんか」の言葉でした。

    B2007-9-6-4.jpg


    実はコバルトX-1000を開発してから一年あまりずっと考えていたことがあったのです。
    それが コバルト使用の電源ケーブル!
    快く引き受け早速製作にあたったのは言うまでもありません。
    そしてできあがったのが コバルト クリスタルパワー電源ケーブル!
    コネクタはもちろん コバルトプレーティング! 開発済みの X-1000をACプラグ側に使い 新たに開発した D-1000をソケット側に使いました。
    さらに ダイナミックグラウンドシステム(特許出願中)を搭載。アナログとデジタルが混在する昨今のデジタルレコーディングにターゲットを絞り、そうしたシチュエーションはもちろん、様々な録音現場やマスタリング現場などで高音質を得るために開発いたしました。
    B2007-9-6-5.jpg


    できあがったケーブルを試聴した 金野社長の言葉は 「見通しが大変良くクリアー」との評価! 早速採用になりました。
    金野さんの得意とする ガツンと来るパワーのある録音、そして世界の一流のミュージッシャンが奏でる繊細な表現を余すことなく録音ができるのではないかと自負いたしました。


    ---------------------------続く--------------------------------

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク