FC2ブログ

    USA491超微+マイナスイオンACケーブル 高級ケーブルには完敗

    本日は2007年最後のモニターだった「USA491超微エネルギープラグ」モニター報告についてです。
    埼玉のSさんは、USA491超微エネルギープラグを購入した後、マイナスイオン・プラグレス・電源ケーブルも購入してくれました。2007/12/26/Wed「究極の電源ケーブル完成。」を見て
    決心されたそうです。

    ただ今回の結果は、高級ケーブルにはまるで歯が立たなかったという結果だったようです。
    12月初旬に放送された「タモリ倶楽部(究極の音質に挑戦・秋葉原・ダイナミック・オーディオ探訪)」を見ていた私にとってはあっさり理解できたお話しでした。やはりオーディオは物量が大事。旧日本軍もアメリカの物量の前に屈した。・・・・でも標準ケーブルには圧勝だったらしいので安心しました・・・・・・・以上

    B2008-1-7-1.jpg


    埼玉県 S様

    491(フォーナインエース)「オス+メス」プラグ セット 超微細エネルギー加工モニター報告です。

    タイトルはハイエンドケーブルと直接対決王者はどちら!

    さいたまのSです。

    広瀬店長お勧めのマイナスイオン・プラグレス・電源ケーブル IPC-PC1000(1.5m)と、
    491(フォーナインエース)「オス+メス」プラグ セット 超微細エネルギー加工で電源ケーブルを作成しました。

    それで一番変化のわかるユニバーサルプレーヤーESOTERIC DV-50sに使用しました。
    あれ、情報量が減る。空間表現が後退して3次元から2次元的な感じになりました。エコーの聞こえ方もすくなくなりました。バイオリンもなんか「ギスギス」した感じになります。

    実は私がそれまで使っていた電源ケーブルはトランスペアレントのPLMMと言う25万円のケーブルだったのです。たかだか数万円のケーブルではやはり勝てませんでした。格が違います。

    そこで、もう少し安いケーブルESOTERICのエイトナイン銅線使用の8N-PC8000 21万円と比べました。これは、AVプリアンプのクレルSHOWCASEプロセッサに使っているものです。ウーンやっぱり情報量が減る!これも惨敗でした。

    そこで今まで標準ケーブルで我慢していたDC12V/AC100Vインバーター バッテリー電源J1プロジェクトPPR-10035万円に使用してみました。バイオリンが艶やかに鳴る!

    情報量アップ!
    特にSACDとCDの差が今までよりかなり広がりました。SACDの開放的な感じが凄く出るようになりました。S/Nがアップしている感じです。空間表現がアップしました。
    バッテリーモードで使用中も音の変化はかなりありました。
    噂で聞いてはいたのですが、不思議です。ちなみにバッテリーインバータはユニバーサルプレーヤーに使っています。もう手放せないです。

    PS.
    このテストのために作成したケーブルは50時間以上使用した状態にしています。

    ―以上―


    大変詳しいリポートありがとうございました。





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク