FC2ブログ

    Sound Extractor 

    カイザーサウンドから「Sound Extractor」という新商品がでました。
    最初見たときは「PB-BABYの新型?、それにしては薄いな」とか1人で勝手に勘違いしていました。そして説明書を良く読んでみると、「上に乗せろ」と書いてあります。「うーむあやしい

     説明書には「一辺が157.5ミリの正三角形を形どり、水平方向に向けてのエネルギーの方向を示すSound ExtractorのAマークをどう向けて置くかによって音楽表現をコントロールするものです。」とあります。
    そして置き方によって音が変化するとのこと。
    下の写真を見ていただくとわかると思いますが、
    B2006-12-1-1.jpg

    1遠心力:広がりのある雄大さが特徴
    2求心力:音像が中心に凝縮される
    3回転力(右回転):流れるようなメロディーライン
    4求心力と回転力:2と3の中間のイメージ


    さっそく実験です。

    今回はデノンのSACDプレーヤーを使用しました。普及機なので、このブログを見ている人の中にも使っている人がいるのではないでしょうか。
    B2006-12-1-2.jpg

    まず適当に乗せて音を聴いてみました。「ぜんぜん違う」と一発で判りました。これには正直すごく驚かされました。

     そして、1番 2番.....と順番にテストしていきました。確かに書いてある通りです。私の好みとしてはやはり3番が一番好きでした。その次が1番です。これは面白いです。音楽によっていろいろ試せます。硬い録音の音がやわらかな音になったりもします。

    これからさらに普及すれば、もっと違った置き方などの提案がお客様の方から来るかもしれません。

    すでに、カイザーサウンドのHPには、お客様の使用例などが掲載されています。 ここクリック

    低価格にしてすごく楽しめる製品です。 これはお勧めできます。

    スピーカーケーブル Baic1

    カイザーサウンドが新しいブランドを立ち上げました。
    新しいニューブランドは「ミュージックスピリット」という
    ブランドです。
    B12-15-2.jpg


    音楽の魂を封じ込めたケーブルピアノの構造をそのまま採り入れた、和音構造のスピーカーケーブルの誕生です。理想の線径0.525ミリX7本。プラスマイナスのツイスト周期52.5ミリ。」

    貝崎さんも「カイザー製品」とは一味違うと言っていました。

    私も興味を持ちながら、聴いてみたいと思いました。
    いつものように、S-520に使用しました。
    切った長さはエンゼルポケットにあるカイザー棒ではかり、ちょうど
    2カイザーに設定しました。(話の意味がわからない人は、エンポケニュース参照にして下さい)
    B12-15-1.jpg


    大体ケーブルのエージングは時間がか駆ることが多いので
    この実験では「最初何も鳴らしていない状態で一発目の音を聴き、その後1時間くらいしてもう一度聴く」という事にしました。

    最初に聴いた印象「ちょっとフォーカスが甘い」という感じでしたが一時間後には全然違う印象でした。「フォーカスも合っているし、音に優しさもある」という印象を持ちました。

    このケーブルは、今までのカーザーサウンド的な音とは確かに違います。何が違うのか、それは「開放感」ではないかと思います。
    カイザーさんの音はどちらかと言うと「センシティブ」なイメージだと思っていたのですが。このケーブルに関しては、凄く開放的で明るいイメージです。

    ブランドが変わると「作り手が同じでも音が変わるのだな」と思いました。
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク