FC2ブログ

    ジカライン使用感想 

    お客様より、ジカラインのレポートを頂きましたので、ご紹介させていただきます。

    下のお客様の質問に対して

    Q3mのものは販売できないのでしょうか。
    A.3mは7月に入ってすぐに発売する予定です。

    Q.HDMI-3のようなよりしっかりした造りのケーブルに同様の処理をしたら、更によくなるのだろうか
    A.当然よくなります。将来的にはハイエンドタイプも発売を考えています。


    技術的解説

    超微細エネルギーは、その波長自体のエネルギーが非常に微弱である。よって、光(コースター、ルームライト)、AC100V(コンセント、月光)のような、光や電気にの力を借りる必要があるため、その部分に加工処理を施した。それに比べ、磁化反転処理の波長エネルギーは、超微細エネルギーに比べると、強いエネルギーであるが為に、RCAケーブル、スピーカーケーブルのような微弱な電気信号を扱う部分に効果的である。
    尚、直接体に入れる物 人間用(和の極、和の秘湯、エピア)などは超微細エネルギーが望ましいと考えている。しかし、体が衰弱していたり、神経的に疲れている場合は、一時的に磁化反転処理の波長を浴びることにより、驚異的な回復をする可能性は高い。


    B2008-4-18-1.jpg


    B2008-4-18-2.jpg


    神奈川県 T様

    早速今日システムで試してみましたが、ジカラインHDMIケーブルに驚いたため、メールを差し上げます。

    CD, SACDによる音楽関係と映像を含むBlu-ray関係それぞれで試してみました。手持ちのHDMIケーブルの中で、総合的に一番良いということで使用していたオーディオクエストのHDMI-3の内、プレイヤー-アンプ間2mをジカラインに入れ替えてみましたが、まず音の改善に驚きました。

    これまでHDMI-3も相当良いと思っていましたが、ジカラインにすると音に力が加わり、音量が増加した感じで、これまで聞こえなかった音がたくさんあったことに気がつかされるというのが正直な感想です。HDMI-3に戻してみると、そうした音が出ていたことは確認できますが、やはり解像力と力が違うという感じです。この違いは誰がきいても分かるレベルのものだと思います。

    この接続の状態では、アンプ-プロジェクター間は、依然としてオーディオクエストHDMI-3の3mのままですが、この状態で映像を確認しても、色の鮮度と明るさが改善していることが確認できました。
    音の改善ほどではないものの、プレーヤー-アンプ間だけの交換で、映像も改善されることは間違いありません。

    失礼ながら、この見かけの冴えないケーブルから、こうした音が出てくることが不思議なくらいですが、これは元のケーブルもしっかりしたものなのかも知れませんが、説明ある磁化反転光電処理という処理のせいなのでしょうか。

    そうだとすると、HDMI-3のようなよりしっかりした造りのケーブルに同様の処理をしたら、更によくなるのだろうか、などと余計なことを考えたりしてしまいました。

    ウェブサイトでの技術解説は正直言って理解不能で、あまり当てにできそうにないかなと思いつつ、価格がそれほど高価ではないということもあって、試してみようということで購入してみましたが、この効果は驚きです。

    この音質改善が本当に言われている技術のせいだとすると、このことはもっと多くの人たちに受け入れられる形で広める方法を考えるべきだと思います。普通の人はあの説明だけでは素直に受け入れるのは難しいでしょう。

    私個人としては、アンプ-プロジェクター間もこのケーブルに置き換えたいのですが、3mのものは販売できないのでしょうか。恐縮ながらこの点お知らせ頂きたく、お手数ですがよろしくお願い致します。

    尚、ご参考までに、私が今回つないでみたシステムは下記のとおりです。

    プレイヤー:ソニーPS3
    アンプ:パイオニアSC-LX90
    スピーカーシステム:Acoustat3A custom、 Audiostatic DCM5、
    Lowther EX3
    System他
    プロジェクター:ビクターDLA-HD1

    比較対象HDMIケーブル:オーディオクエストHDMI-3、ソニーDLC-HD20HF、ハイパーツールズHM-DG2M、ベルキンPAV52300

    幸福の木を咲かそう。

    続き

    今エンゼルポケットで行っている実験とは、磁化反転光電処理をしたブルーのライトを使って「幸福の木を咲かす」とい実験を行っています。何故かというと、10数年前ブルーライトを幸福の木に毎日照射したら、わずか数ヶ月で「幸福の木に花が咲いた」と言うことで大変驚いたからです。
    幸福の木というのは、5~10年に1度しか花を咲かせないという大変珍しい観葉植物だからです。

    超微細エネルギー加工は何故いつも

    青い光を使うのか


    その答えは


    幸福の木が咲いたから

    というのが本当の答えだったのです。ただ、この時代はまだ磁化反転光電処理だったのです。
    それ以前に私は照明関係の仕事をしていたことがあって、彼にたまたま青い色の蛍光灯を送ったのです。青色の蛍光灯ですら当時珍しかったと思います。まして、今から十年前だと青い色のLEDは、市場ではほとんど見なかったと思いますよ。

    その時と同じ実験をエンゼルポケットで行うことにしました

    実験を開始したのは 5月12日 東急ハンズ新宿店まで幸福の木2鉢買いに行きました。
    本当かどうか疑いの方はエンポケまでどうぞ。
    B2008-3-23-1.jpg



    当日からさっそくライト照射 
    B2008-3-23-2.jpg


    5月15日そのまま当てていたのでは比較になりませんので、白い鉢は3階の店舗の持っていきましたB2008-3-23-3.jpg

    5月15日の様子です。光りは24時間連続照射しています。
    B2008-3-23-4.jpg


    5月16日 驚きませんか。ちょっと生長している気がしませんか。

    B2008-3-23-5.jpg


    5月17日 さらに伸びているような気が
    B2008-3-23-6.jpg


    5月18日 これはあまり変かないような気がします。
    B2008-3-23-7.jpg


    実は10数年前 この実験の後 植物育成、 細菌試験、鮮度保持実験でも驚異的な実験データが出ました。例えば、汚泥処理 この光りを細菌に当てると、菌が通常の何倍もの早さで増殖します。
    そうすれば汚泥処理も短時間で済みます。 この光りを植物に当てると通常では考えられないほど早く植物が生長するのです。 これはある意味革命的な技術だったのですが、ただ開発者は、さらによりよいものを求めて超微細エネルギーに至ったわけです。

    何故開発者はこれだけすごい物なのに超微細エネルギーを求めたのか

    それは多少の反転反応が出るからなのです。超微細エネルギーに比べると3倍~5倍エネルギーレベルが高いこの技術が、「はたして大自然の摂理に抵触しないか」と深く考えるようになったのです。

    しかし、「私と開発者の間でもう一度この技術を復活させよう。」という意見で一致しました。
    それは、現代の水質汚染、空気汚染、薬物汚染、農薬汚染、電磁波の乱れ、等々の環境問題は深刻です。それには、超微細エネルギーだけでは対応できないからなのです。

    例えば 、薬などは理解しやすいのではないでしょうか。

    西洋薬 効き目は多いが副作用もある    磁化反転光電技術 
    漢方薬 効き目は緩やか副作用は少ない  超微細エネルギー

    やはり時には、「毒を持って毒を制す」という部分も必要なのです。

    ただ、この光りを最初に浴びたときは、すごかったです。

    頭が 「カキーン」となった後ちょっとフラフラとなり
    15分くらいは「頭の中がモー」となりました。

    30分後には全く問題なくなり、その後は全然大丈夫です。 むしろ冴えてきています。
    但し、この光は1日12時間までが限度で、それ以上浴びないほうがよいです。
    Angelルームライトは例え100時間浴びてもまったく問題はありません。


    なお今後は、超微細エネルギーブログでこの幸福の木の実験の様子を連載します。
    この木はまだ子供なので、そう簡単に花は咲かないと思いますが、何とかうまく花を咲かせていみたいと思います。


    ちなみに東急ハンズの店員さんに「花咲いている姿見たことありますか」と尋ねたら、「全く見たことがない」と言っていました。

    花が咲いた瞬間を見たらあなたもきっと

    幸福になれるのではないでしょうか。

    これは楽しみですね。



    磁化反転電光処理

    超微細エネルギー加工とは違うもう一つのエネルギー加工についてお話しします。

    その名を 磁化反転光電処理 と言います

    開発者は 超微細エネルギー加工でお馴染みの ORZ です。

    この磁化反転光電処理は10年以上前の技術であって、超微細エネルギーよりも歴史は古いのです。
    開発者ORZは最初にこの磁化反転光電処理技術を開発した後、超微細エネルギー技術に行き着いたわけです。スターウォーズで言うならば、超微細エネルギーがスターウォーズ、磁化反転光電処理は エピソード1 みたいな感じです。

    超微細エネルギーと磁化反転光電処理では何がどう違うのか説明させていただきます。

    簡単に言えば

    超微細エネルギー  江戸時代までのエネルギー

    磁化反転光電処理  明治以降のエネルギー



    超微細エネルギーは本当に大自然の摂理に基づいたエネルギーなのに比べ、磁化反転光電処理は近代的、科学的なエネルギーなのです。

    だから超微細エネルギーは万物の生命に対して緩やかな効果を与えます。江戸時代までの日本だって、すべて自然の摂理に基づいた生活をしていたはずなのです。朝太陽が出たら起き、夜日が暮れれば寝る。「テレビもなく、ラジオもなく、自動車もなく、蛍光灯もない、プラスチック製品も」何もない
    空気も水もきれいな時代だったことでしょう。全く自然には逆らわない生き方をみんなしていたのです。
    しかし、明治以降に産業革命が起こり、我々日本人は自然に逆らう生活をするようになりました。
    ただし、非常に便利で豊かな生活を送れることも事実です。

    しかし、たった百数十年の間にこれだけ急激に生活習慣が変われば、人間の体にも、地球環境にも
    大きな変化が起こるのは当たり前です。

    だから、「超微細エネルギーは現代人にとって

    必要不可欠である。
    」と私は思っているのですが、

    それだけではすまない事情もあることは確かです。


    そこで磁化反転光電処理というやや近代的なエネルギー加工製品を発表することにしました。
    じゃ何が違うのかと言うと

    磁化反転光電処理とは超微細エネルギーよりも 荒い波長 なのです。

    光の波長成分でいうと無(mu)が最も細かく


    無(mu)      ∞ 無限大
    超微細エネルギー 推定 10-40乗
    磁化反転光電処理 推定 10-23乗

    ちなみに放射線で一番波長成分が短いのはγ線です
    γ線          10-16乗

    ぐらいですから、磁化反転光電処理の波長も非常に短いわけです。
    ですが、どうやって測ったのかと言われるとそれは問題です。だからあくまで推定です。
    また、この種類の波長成分は電磁波とかいうたぐいの波長成分とは少し違うものなので、あくまでも目安としてお考え下さい。

    この分野の波長成分では ずばり

    波長が荒い方が刺激が強い

    だから、超微細に比べると効き目が大きいのです。ただし、多少反作用的な症状も出る可能性はあります。

    ここでエンゼルポケットで現在ある実験をしています。

    それは
    B2008-3-22-1.jpg


    明日に続く

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク