FC2ブログ

    iPadとRAL-HUB02-PTB

    エンゼルポケットニュース

    エンポケ時別企画

    れんげ工房さんが、【★スピーカーのストレス解放】について、モニターを3名様
    を行います。特別企画3名です。ご興味ある方は、ぜひご応募ください。

    モニター募集コーナー 

    ミスターXさんはすでに、twitterの世界では神に近い存在になりつつあります。
    こちらで直接確かめてから、ご応募されるのもよいと思います。

    http://twitter.com/#!/lotus_healing

    みえるっち?ピヨピヨ先生!on れんげ☆← 最初見た時は、マジで笑いました。猛爆)

    -------------------------------------------------------------------------------
    本題
    RAL-HUB02-PTBが使えるようになったおかげで、iPadをいろいろなものと組み合わせて使えるようになりました。

    エンポケ系でいうと、DrDAC2DX-oji改やPRODIGY CUBE-OJIバージョンですね。
    これらの製品もかなり音がいいんですね。

    B2011-2-8-2.jpg

    つまり何が言いたいかというと、

    以前ではiPadとの組み合わせでは全く使えなかった、DrDAC2-DXやPRODIGY CUBEがRAL-HUB02-PTB加工を使用すると接続が可能ということになったわけです。

    これは、IOS4.2になったからとか関係なく、以前のIos3.2の時も繋がらなかったわけですから、全てはRAL-HUB02-PTBのお陰だと思います。

    これを知ったあなたは、ぜひともRAL-HUB02-PTBを買っておくように。

    裏情報では、もうすぐなくなるという話です。・・・確立80%

    B2011-2-8-1.jpg

    認識していますよ。しっかりと。・・・

    しかし、ちょっとビックリしたことが。・・・認識をするのだが今までとは明らかに違う何かを感じられるのです。

    それは何かというと、内部でボリュームが変わってしまうんですね。

    B2011-2-8-3.jpg

    ええええええ。・・・

    でも心配要りません。この場合ボリュームは最大限にしておけばビット落ちすることは無いです。

    ただ、内部ボリュームを通るので、幾分荒々しい音になる感じはします。でも十分いい音だと思います。

    何しろトラボが iPadだからです。・・・

    100万円以下で購入できる、PC系トランスポーターでiPadを超えるものは、どこにも見当たりません。

    だとするとこれは本当にお得な情報だお思い増すよ。

    iPad、上級編の巻 その3

    iPadは何故音が良いのであろうか。

    それは、 iPadがPCとしては不完全なものだからです。」の回答をしたいと思います。 その前に

    なぜCDプレーヤーは音がよいのか? を考える必要があります。

    最近PCオーディオが普及したせいか、「CDプレーヤーよりもPCの方が音がよい」と言う人が増えてきました。

    しかし、それは とんでもない間違いだと思っています。

    そもそも、PCというものの概念を大きく広げていくと 「CDプレーヤー、ノートPC、iPod、iPad、ウォークマン」も全てPCです。

    全ての物がデジタルデータを扱うために、CPUとOSがあるわけですから。

    だから、CDプレーヤーは音を再生する為に特化したPC、すなわち音楽再生専用パソコンと言うことになるわけです。だから、CDプレーヤーには余計な機能はあまり付いていません。

    CDプレーヤーはほとんどのものはファンレスです。それは、音楽を再生する為に特化されたPCですから、OSはとても軽くてよいわけです。決してWindows-Vistや7なども使っているわけではありません。OSが軽ければ、CPUも処理速度が速いものを使用すなくてもすみます。例えばCPU (Intel Core 2 Duo E6600)など、CDプレーヤーには絶対に入っていません。そうすると筐体内部の発熱量は抑えることができるので、ファンレスにすることが出来るわけです。

    CDプレーヤーは音楽を再生する為に特化したPCだから、余計な機能があまり付いていません。通常のPCの場合は、音楽を再生してあいだでも、常に裏でいろいろなソフトが動いています。一番簡単な例でいえば、ウイルスソフトなどです。それは音を悪くする大きな要因の1つです。


    ただし、CDプレーヤーにはたった1つだけ弱点があります。それは

    CDドライブがあることです。

    CDメディアをCDプレーヤーの中に入れて、CDを回転させると内部で回転による、振動が発生しますし、サーボ制御をとおして、サーボノイズが発生するわけです。

    そこで私が以前から考えていたことは、

    「CDプレーヤーから、CDドライブをとって記録媒体(SSD、HDD)などを入れて、ただデジタルデータだけを垂れ流したら音がよくなるんじゃないか」

    ある意味そういうマシンを高級オーディオ業界で、いち早く取り入れた製品が Linn DS シリーズではないかと思います。なかなか素晴らしい発想だと思っています。

    じゃあ、iPadはどうでしょうか。iPadはiPod兄弟みたいな物です。

    iPodのは音楽を再生する為に作られた製品だから、ある意味CDプレーヤーと性格がとても似ているわけです。ひょっとすると従兄弟みたいな関係かもしれません。幸いにも、iPadはバッテリーで駆動するために、消費電力をとても抑えられて作られています。その為には、CPUも処理速度が遅いものを使用しています。しかし、幸いなことに、もともとPCほどスペックを求められていないiPadは処理速度の速いCPUを使用しなくてもよいのです。そうすると内部に熱がこもらないから、ファンレスにすることが出来ます。

    つまり「CDプレーヤーから、CDドライブを取り除いた製品に近い物は、iPatみたいな物なのです。」 

    iPadのDNAは音楽を再生する為にうまれたiPodに非常に近い、それは音楽を再生する為に生まれたCDプレーヤーと非常に共通した部分です。

    それは、iPadがPCとしてはとても中途半端なものだったから可能な話だったのです。

    このシリーズの一番最初にお話した5か条をもう一度ここに記したい思います。

    1. OSがWindows じゃないから

    2. バッテリー駆動だから

    3. 省電力だから

    4. SSDだから

    5. USBが特殊だから



    しかし、私は 「OSがiosだから」という条件を加えてみたくなりました。

    MACBOOKAirとiPadで音を比較すると、iPadのほうが音がよく聴こえてしまうのは、そのOSが違うからという点が多いからかもしれません。MACBOOKAirのDNAはやはりPCなのです。 ただし、そこまでの違いはありませんが。・・・

    ただ、ここで言っておきたい事があるのは、私は決してAppleの応援団長ではありません。

    B2010-6-10-1.jpg



    そういう意味で、この間とても興味深い製品がでたので、ここにご紹介させていただきます。

    Creative ZiiO

    というタブレット型のPCです。

    Android OS搭載しています。

    ある意味、音楽再生トランスポーターとして、デジタルを垂れ流すだけならば、Android OSでも不具合など起こりようがないし、そのほうがはるかに音がよくなる可能性があるのです。


    今日の核心部分


    当然バッテリーでファンレスでしょうし、良い音がする可能性はありますが、SSDではないので今のところ様子眺め状態です。今後このような製品がたくさん出回ってくれば、PCオーディオはますます発展する可能性はあります。

    iPad、上級編の巻 その2

    何故今回 上級編にしたのかは、 

    CAPRICE・・・DAコンバーターを使用した点は大きいです。

    機種名は出しませんが、200万円以上するDACを持っている人が、CAPRICEを自宅試聴して

    え、こっちの方が音いいじゃないか

    と思わず本音を漏らしてしまったそうです。その方がこのDACを買ってしまったことは言うまでもありません。

    B2010-5-26-1.jpg

    値段が高いから音がよいという事は

    オーディオ最大のフィクション

    と私は、昔から考えているます。

    後もう1つ大きな要因は USB外部クロックです。

    B2011-1-7-1.jpg

    あるお客さんから、

    これって、どう見てもその辺で売っているUSBハブなんじゃないの

    といわれたので、私はすかさず反論し、

    何をおっしゃる、2万円以上もする高級外部クロックじゃないですか

    と答えました。

    私がラトックシステムを好きなところは オーディオ臭さがないというところです。

    たぶん私なら、長年オーディオ的概念が浸透しているので、こういったものを発売するときは、「もっとケースをカッコよくして、高級感を出して」という

    「いかにも的なオーディオ臭さ」を醸しだしてしまいそうですが、ラトックさんのDNAはやはり、PC屋さんなんです。

    それでいて、中身の回路、素子、ソフトはガレージメーカーでは絶対に出来ないような物になっているのです。
    例えば、ちゃんとプログラム屋さんがいて、そのためのプログラムを書いて製品化できてしまうんですね。そういう利点を生かしながら、きちんとした製品を作っているんですね。

    だから、音が良いんです。

    ここでは詳しいことは言えませんが、素晴らしい素材を使用していますよ。


    続く

    iPadトラボにFiioE7を使え。・・・その1

    iPadトラボ計画 第2弾

    結論から先に言わせていただくと、次のシステムになります。

    iPad トランスポーター + iPad カメラコネクターキッド
    FiiO E7 OJI Special改 1台
    Fiio E9 + 出川式電源 DC 15V
    RAL-EXTPW01  PTB 処理加工


    究極を求めるなら RAL-HUB02・・・USB外部クロック 

    FiioE7はiPadのデジタル出力を受けることが出来るというお話は以前にもしました。しかし、FiioE7はポータブルヘッドフォンアンプなので、このままだとヘッドフォンでしか音を聞くことはできません。

    しかし、FiioE7はFiioE9というデスクトップ・ヘッドフォンアンプをドッキングさせることにより、USB DACとしての機能を拡張することが出来ます。

    FiioE7がiPadのデジタル出力を受けることが出来るのですから、当然 FiioE7とFiioE9をドッキングさせても、

    iPadのデジタル出力を受けることが出来るわけです。

    そしてなんと都合のよいことに、FiioE9にはRCA出力も付いています。

    B2010-6-26-3.jpg

    USBを入れて、RCA出力で出せば 

    完全なUSBDACとなるわけです。

    B2010-6-24-4.jpg

    そしてさらに都合の良いことに、このFiioE9はDC入力なので

    出川式電源 AC15Vを使用できます。

    そして、もっと都合のよいことに、このDC15Vの出川式電源は DrDAC2用途の革命・第二世代ACアダプター 15V
    と入力端子が 標準タイプ、内径 2.1mm 外形 5mmと同じなのです。
    B2010-4-14-1.jpg


    つまり、購入して両方使えるというわけです。

    そして最終的なシステムはこのようになります

    B2010-6-26-1.jpg

    iPadとFiioE9の間には 当然RAL-EXTPW01  PTB 処理加工を咬ましてください。

    そして、究極を目指すならRAL-HUB02を入れましょう。

    USBでもクロックは非常に重要です。・・・

    これで今のところ完璧です。

    この音を聞いた時 あなたは・・・・

    ・何故なんだ と自分自身に10回くらい言いたくなる。
    ・世間でいう ハイエンドSACDプレーヤーと勝負したくなる。
    ・ツイッターで100人くらいに言いふらしたくなる。
    ・「オーディオって金じゃないんだ」と再認識する。
    ・雑誌を信用できなくなる

    おそらくそんな気分になるとかもしれません。

    そして私はますます、アウトローになるかも。・・・

    皆さんは、このシステムで 

    ・OjiSpecial改造、

    ・出川式電源、

    ・RAL-EXTPW01 PTB加工 


    の恐ろしさを十分思い知ることになるでしょう。

    私は、このシステムを見た目が美しい超高級ケースに入れて、インターナショナルオーディオショーなどに持っていって、聞かせてあげたいくらいの気分になりました。

    見た目では、なんじゃこりゃ。・・・でも中身は本物 

    きっと多くの人がだまされるでしょう。

    このケースの中身は何? 「海外の超高級メーカー、次期開発製品で、プロトタイプなので中身は見せることは出来ません」

    とかいえば おそらく 100人中80人はだませるんじゃないかと。・・・

    世の中には 単体の DACを持っていない人もたくさんいるので、

    見た目を気にしない人であれば、このシステムは絶対にお得です。・・・

    でも iPadトラボ計画はここで終わりません。

    まださらに先があります。今日の話はまだ中級編です。・・・・・



    あけおめ PCオーディオについて

    皆様 新年あけましておめでとうございます。

    昨年もいろいろとお世話になりました。
    今年も頑張ってこのブログ更新していきますから、皆さん応援宜しくお願いします。

    さて新年一発目のブログ記事ですが、やはりPCオーディオに関することしたいと思います。
    昨今雑誌等のあおりもあるのでしょう。とてもPCオーディオに関心のある方が増えたように思えます。
    ただ私は 雑誌等を読んでいても何か重要な部分が欠けている気がしてなりません。

    それは、どのPCが音がよいかということです。

    たとえ、どんな素晴らしいUSBDACを使用しても、肝心のPCがヘボだとよい音はしません。

    それが PCオーディオの本質を見抜くということです。

    そこで私がこんな提案をします。

    PCオーディオは単純明快であれ

    今PCオーディオで悩んでいるあなた、ごちゃごちゃ悩むより、このブログを読んだ方が早道だと思いますよ。

    主に3つ

    世界最高を目指し、一切の妥協を捨てる:DPAT Technology Model : 0037 Continuum Perfection.

    オーディオ的ブランド価値なら :LINN MAJIK DS

    貧乏でもよい音めざすなら : iPad Mac BOOK Air


    実際 LINN MAJIK DS と iPad で音質の違いについて
     
    iPadが勝るとも思わないが、LINN MAJIK DSが勝っているとも思わないと考えています。

    そのとき、その人が、どう考えるかだと思います。

    同じ音なら ブランド的価値の高いものがよい」 か 「同じ音なら 安い方がいい

    私はどちらかというと、貧乏人なので後者かもしれません。

    DPAT Technology Model : 0037 Continuum Perfectionに関しては、恐ろしいほど音はよいと思いますが
    やはり、ルビジュウムクロックまで視野に入れなけば、世界一の音とまでは行かないでしょう。・・

    だから、大体上の3つを念頭に入れて、PCトラボを検討すれば大怪我は少ないと思います。

    PCオーディオとは恐ろしいものです。CDをトランスポーターとして使用する場合は、

    たとえ100万以上のCDPでも、5万円以下の CDPでもその音の違いは

    100 対 80  なものです。

    しかし PCトラボの場合、選択を誤ると、値段の有無にかかわらず 

    100 対 10 になってしまいます。

    だから、Windows系のPCを使うのはあまりお勧めできません。

    下の写真は 私が昔使っていた メビウスPC-CL1-5CAというWindows XPのノートPCですが、試しにDPAT02と音質比較をしましたが、 

    100 対 1 ぐらい音が違いました。

    その前に、このノートPCファンの音がうるさすぎて、音を聞く気にもなりませんが。・・・

    2010-6-29-1.jpg

    Windows系のPCは 多くの種類があり、仕様もバラバラですから、その中でよい音がするPCを選び抜くのは、かなり難しいといえるでしょう。

    そう考えると 、上の3つの選択肢はかなりリーズナブルなはずです。後は自分の財布と相談してください。・・・


    この次はいよいよ iPadトラボ計画 第2弾に突入します。

    これは、画期的に安くそのシステムが組め、多くのオーディオマニアをだませるシステムだと思っています。

    (ハイエンドオーディオとは正反対なシステムですが。・・爆)

    こう互期待。・・・

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    リンク
    プロフィール

    天使

    Author:天使
    広瀬 学 作家
    ちょっと笑える不思議な世界の裏話
    非常識で最先端の幸せに成功する法則

    執筆

    オプティマルライフ株式会社
    代表取締役

    皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします

    検索フォーム
    RSSフィード
    リンク